こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そして、悲劇は起こる ~「ナイト&シャドウ」

国の中心人物という者がいる。
経済の大物だったり、暗黒社会の首領だったり、立場はいろいろあるだろうが、誰しもが思い浮かべるのは、「国家元首」。つまり、大統領だの、首相だの、書記長だのといった国のトップだ。
特にアメリカでは、彼らを時にはわが身を盾にして守るのが、「シークレットサービス」だ。

ということで、舞台は9.11.前のアメリカ。
久しぶりの柳広司のかっこいい文章に触れた感じです。

ナイト&シャドウナイト&シャドウ
(2014/07/09)
柳 広司

商品詳細を見る


日本のSPである首藤が、アメリカのシークレットサービスに研修に派遣されます。
首藤は、まあ、いわゆるキレもの。キレ過ぎて実直すぎて、サミットの警備をゴリ押し気味に厳重にしたため、上にやや煙たがられてこの任務につかされました。…ま、彼にはそんなことは些末な事のようですが。
彼の担当となったバーン捜査官は、無口・無表情、おまけに仕事はソツなくこなす首藤に対し、最初、日本から来た何にも解ってない一介の警護官として侮ったり、イラついたりしているのですが、やがて、その心情はかわっていきます。
ほんのりラブっぽい展開もあったりするのですが、そんなことより、一つの事件からどんどん重大テロのきっかけにつながっていく展開がたまらなく面白いです。かっこいいのです。
オペラを口ずさみ、爆弾を操り、「大統領暗殺」を示唆するテロリスト。
彼の仲間はどこにでもいるという。それと知らずに協力しているという。
巨大な「ホワイトハウス」のかかえる数多の人間が、たとえどんなにセキュリティを強化しようが、まったく意図せずテロリストとつながっているとしたら、それはそれで恐ろしいことですが、事件は思わぬ方向へ転がっていきます。
そして、すべてが終わり、日本へ帰る首藤にバーンが投げかける言葉が、その後のアメリカ最大の悲劇を暗示していて、ぎょっとしますよ。

最後まで、一気読みしてください。

怪談本がたくさん出ているので、感想が追いつきません。夏コミの原稿もあるしね。
最近では「忌談2」「忌談3」「現代百物語 彼岸」を読みました。
「忌談2」「忌談3」はそんなに怖い話はなかったです。後味の悪い話がいくつかあります。
「現代百物語 彼岸」は、岩井女史のあからさまな「あの女」の記述が減って、ちょっとほっとした感じです。

今は「怪談狩り 赤い顔」を読み始めました。
スポンサーサイト
読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちゃんと検討してみましょう ~「謎解き古代文明DX」

新品のマシンはいろいろさくさく進んでいくけど、やっぱりユーザーがばかちんなので使いこなせていません。8.1の本とか買ってきてちゃんと読んだほうがいいのかしらん?

で、こんな本を読んでました。

謎解き古代文明DX謎解き古代文明DX
(2014/02/24)
ASIOS

商品詳細を見る


以前に出た、「謎解き古代文明」の廉価版(と言っていいのかな?)。

ピラミッドにしろ、ナスカの地上絵にしろ、大したものを昔の人は遺していったものです。それらに対しては、学術的調査ももちろんですが、夢だのロマンだのが掻き立てられるものです。しょっちゅうバラエティばっかりやってるような日本の民放だって、年に何回かは古代の謎とロマンと称して特番を組んだりしています。
それはさておき。
古代の遺跡や、そこから出土した「なんだか正体のよくわからないもの」というものへの考察は実に多彩な方面からなされているもので、私が小学生くらいのときには「宇宙考古学」なんて代物も出てくるようになりました。曰く、「あの○○は宇宙人が作ったとしか考えられない!」とか、「古代人が現代の○○をすでに作成していた!」とか。とてもこころ踊らされる言葉です。そこには必ず、「既存の学会はこの説を無視している」のお言葉が。・・・でも、そうじゃない。それらを無視するに足る事実や立証がされてしまっているので、そんな寝言が入り込む余地がない場合が多いようです。
それでもよくわからないものも存在しているから、こういうものは面白い。
逆に、いろんな素晴らしい異物が一律で宇宙人作ということになってしまうと、これほどつまんないことはないでしょう。
「信じるか信じないかはあなた次第です」なんて、わけのわからん芸人がほざいていたりしますが、ちゃんと調べて、それでも残る疑問の部分にこそ、魅力が感じられるものではないでしょうかねぇ。
「アトランティス大陸の謎」の項や「皆神山のピラミッド伝説」の項は特に面白かったです。
「アトランティス大陸の謎」では、日本の「しんかい6500」の行った真面目な調査が端的に伝えられることで思いもよらない方向に話が拡大しました。まあ、古代の大陸っちゃーそうなんだけど。証明したのはアトランティスではありません。
また、「皆神山のピラミッド伝説」では、あんまりにもくだらない発端に爆笑。そしたらUFO云々言ってるのはおかしいよねぇ。くすくす。


そういえば、巷ではSTAP細胞の件でもちきり。この本を書いているASIOSの方々ならば、「追試ができてない実験結果」というだろうな、と発表当初から、大丈夫かいな、と危惧しておりましたらば、出るわ出るわ。夢の細胞は夢でした、ってオチが付きそうな状態です。で、ウチではこの発表者、「ふぉるしぃ」と呼んでます。MOSAIC.WEVの「空想科学少女ふぉるしぃ」という歌があるんですが、もうこのSTAP細胞騒動、おもいっきりその歌詞の内容的な。
一部抜粋。
♪何千年もの積み重ねも、事実と事実の結びつきも、一度や二度の実験でくつがえせるわ
♪数字と機械でそれっぽく着飾って、理想と科学の境界線、精一杯、侵犯しましょう
…ね?
なんだかお粗末極まりない結果になりそうですが、せっかくの夢の細胞、夢にしてしまうのもちょっと惜しい気がします。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

DNAネタ多い 〜「2000年のゲームキッズ 上・下」

ほんとはよくなかったのかもしれないけど。
昨日、いつものようにお買い物に出ましたらば、お買い物先の道路の上になんだか黒い物体。なんじゃいな、とUさんと近づきましたらば、カラスでした。なんだかまだ頭の毛がぽよぽよしてるなぁ、と思ってましたが、けっこう車通りが多い道にも関わらず、一歩も動かない状態。上で、親とみられる2羽がぎゃあぎゃあ言ってる…。巣立ちして落っこちたみたい。やむを得ず、捕まえて一旦歩道へ。でも、歩道の隅っこで動かない。親ガラスは威嚇の急降下してくるので、Uさんに威嚇しかえしてもらって、さらに近くの神社の中へ突っ込みました。あとは知らん。
…触っちゃいけなかったかもなぁ、と思いつつも、あそこで車に踏み潰されても寝覚めが悪いし。神社なんかだと猫に襲われちゃってるかも。あとはもう、野生に任せました。

で、よくネタ続いたな、という一作。

2000年のゲーム・キッズ(上) (星海社文庫)2000年のゲーム・キッズ(上) (星海社文庫)
(2012/10/11)
渡辺 浩弐

商品詳細を見る

2000年のゲーム・キッズ(下) (星海社文庫)2000年のゲーム・キッズ(下) (星海社文庫)
(2012/12/11)
渡辺 浩弐

商品詳細を見る


10年以上前に出された小説ですが、新しく出直したので、ちょっと購入してみました。
全100話のSFショートショートです。よく書いたなぁ。なかなか面白いのですが、なんかDNAネタが多いような気がしました。次はネット社会。
あんまり明るい未来、みたいな話はありません。どっちかっていうとブラック。
未来は薔薇色!みたいな言葉を単純に信じられない、ちょっとシニカルな世代にオススメかも。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハイクを読め! ~ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1」

うわああああ、間違ってる、間違ってるんだぁぁぁぁぁ!

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1
(2012/09/29)
ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 他

商品詳細を見る


気になっていたんです。でも結構外しそうな気がしていて、読まずにいたのに…。「SFが読みたい 2013」のばかぁぁぁ!!
…なんでこの絶叫かというと、御察しの通り…外したんです。自分的に。

ケータイ小説が読めない私に、ツイッター小説が読みづらいのは自明の理だったのにね…(ふっ)。英語で書かれたそれをすぐに翻訳、というのがウリ。でも、翻訳ソフトを使って直訳したような感じ。ワザとなんだよね、きっとね。でも、「…めいた」の使い方がおかしい。多用しすぎて尚更おかしい。他にも気になる。もうちょっと文章読みやすいといいんですが。
また、1巻めなんですが、各章の時系列があっちいったりこっちいったりで、どうしていいんだか。これが次の巻も続くとなると、ちょっとツライ…。そして、話の構成がほぼ毎回同じです。単純明快ととるか、単調ととるか。物凄い諸刃の剣な感じ。
世界観は面白いんですが、やっぱりなんか変。コレを楽しめないとまず楽しめません。私的には、キル・ビ〇的ななんかちょっと違う日本観のまま、進化して一度ぶっ壊れて香港映画の世界とかが混ざって再構築されたような、「日本的な」、というか「アジア的な」世界。
ニンジャもおかしい。面白おかしい。ニンジャソウルが憑依するとニンジャになります。この設定はカッコいいんです。そんでもって、「ドーモ、〇〇=サン。ニンジャスレイヤーです。」って名乗るんですが、ニンジャだから名乗らなくてもいいよね…。礼儀らしい。最初は「カッコイイなー。バカっぽくていいなー」と思っていたんですが、なんかだんだんしつこい風味に。敵のソウカイヤニンジャとニンジャスレイヤーの間で、必ず「〇〇=サン」と敬語です。それがリズムというか緊張感というかをこそぎとります。ヒュージシュリケン(でかい手裏剣持ったニンジャ)というキャラが出てくるのに、武器の表記は「スリケン」なんだよなぁ…。そして、せっかくのアクションシーンも物凄いことになっていることがあります。「イヤーーーッ」「グワーーーッ!」で1ツイート分埋めつくされてたり。もう、読者の想像力だよりな感じです。うん、勢いでなんとなくわかるんだけどね…。
本当にこの文章が、わざとなのか素なのかわからない。

まだ物語の序盤なんですが、どうしようかなぁ…。

今月は「幽」の文庫が充実してて、うはうはです。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

真相が解っても ~「謎解き超常現象DX」

廉価版で、書下ろしありとのことだったので、復習もかねて読みました。

謎解き超常現象DX謎解き超常現象DX
(2013/01/26)
ASIOS

商品詳細を見る


「不思議なこと」をただ「不思議なこと」と受け流すのではなく、「それは本当に起こったことなのか」「錯覚じゃないのか」ときちんと懐疑的に検証する本です。
「超能力」「UFO」「心霊」「UMA」「超古代文明」の五つの項目に分けてそれぞれ有名な事件について検証しています。
私は超常現象が大好きで、是非人智を超えた現象があるのならば見たいし感じたいのですが、言ってはなんですがたかが人間の理屈で説明がつけられてしまうのは、ちょっとなぁ、と思います。本当に不思議なことは、どんな説明も歯が立たないのではないのかな、と。自分では説明ができなくても、知ってる人には珍しくもなんともないことならば、それは不思議なことではないですよね。「オーブ」とかも、TVなんかではことさら騒ぎますが、この本のおかげもあってちょっと冷静に見ることができます。…でも、説明できないやつがあったりするんですが。
「サンダルで踏まれた三葉虫の化石」とか、「謎のハンマー”ロンドン遺物”」なんかを読んでいて出てくる、「創造の証拠博物館」…ちょっと行ってみたいんですが、アメリカのキリスト教原理主義者って怖いなぁ。いや、いろんな意味で。神の御業を信じるのは結構ですが、それが聖書の額面通りに行われていると信じるあまり、実際に歴史の証拠となるものを曲解・婉曲・捏造してまで、それを主張するのはどうかなぁ。それって、神様が禁じた「7つの大罪」に通じるんじゃないのでしょうか。「傲慢」とか「強欲」とか、そんな感じのところ。本人たちにウソついてる自覚がない…訳がないと思うんですけどね。私、この博物館に行ったら爆笑してしまうこと請け合い(だって、入口で恐竜と原始人が一緒にお出迎えらしいですよ)なので、帰り道で異教徒として絶対撃たれるわ((((;゚Д゚))))わたし、スパモン信者で十分だわ。
ロマンは必要だけど、ちゃんと理解したいのです。…実話怪談ジャンキーとしては若干矛盾するんですけどね、このスタンス。怖いから、理屈っぽく考えるんですよ。私の理論武装のバイブルです。

いま、「名画の謎」を読んでます。
実は最近、実話怪談物を読んでないのです。ちょっと食傷気味だったので、積読状態です。竹書房さんがここんとこ、月3冊ペースだったのもありますけど。内容がもっと充実していれば、月1冊でも全然文句ないんだけど。年末にSさんに「年間通してのベストな怪談本は」と言われて即答できなかったんですが、大体「この人の作風だとこんな感じ」というのが出来てきてしまって、新鮮味が足りないというか。でも、本業がモノカキでない方の作品も「なんかちょっと違う」と思ってしまって。…贅沢病なんでしょうけどね。なので、読みたくなるまで、もうちょっとお待ちください。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。