こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ムシし・・・!

映画「蟲師」を見に行ってまいりました。私は夜勤もあることだし、早く見たいよね、とアサイチの回。
先週の「ハッピーフィート」は単純におもしろかったので、「今年は映画は当たりなのかしら」と期待。
ましてや、私、原作の大ファンなのです。深夜のアニメも(賛否両論あるでしょうが)雰囲気が出ていてすごくよかったのです。
なんとなく古きよき日本を彷彿とさせる、けれどもそこは矢張り蟲とヒトは共存している「異界」なのです。ポスターやPVは、うすぼんやりして美しい映像が多くて、そんな雰囲気にぴったり。

でもって、鑑賞。

最初のエピソードが終わる頃には、違和感でいっぱいでした。

つまり、コレは大友監督解釈の「蟲師」でした。オレならこう書くぞ、って感じが、各エピソードに出てくるんです。気のせいかな?でも、全体に説明不足と説明過剰な部分がある気がします。

以下、未見の方はネタばれ含みます。あと、大友作品マンセーの方、御覧にならない方が賢明かとおもいます。
ムシし・・・!…の続きを読む
スポンサーサイト
映画~邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。