こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ええい、くそ!!

怪奇がたり (扶桑社文庫 し 12-2)怪奇がたり (扶桑社文庫 し 12-2)
(2008/07/12)
城島 明彦

商品詳細を見る

シーズンになれば、当たりばっかり引けてくるわけではありません。
キビシイかもしれませんが、やっぱり「読み物」としてイマイチなものも引いてしまうわけです。
私は、作家でも買いますが、タイトル買いも結構多いのです。
で、タイトルやオビに引かれて読んでみたら、「あれれ?なんか、なんかおかしいぞ??」となり、作者や既刊案内を見て、「しまった!」となるパターンもあります。
今回は、良いほうに転ばず、イマイチなほうに転んでしまった例。
作者の既刊、「恐怖がたり42夜」は、話としてヒネリがイマイチで、もうちょっと、「実話らしく」するか、いっそフィクションで開き直るかしてほしいな、くらいに読んでいたのです。
で、今回。
・・・割と、ありきたりな話になってしまったのと、「もう少し調べるとリアルだよな」とかいう部分が非常に多く、読むのに難儀してしまいました・・・もうヒトヒネリだ、ヒトヒネリ欲しいんだ!!

「首塚」・・・そもそも肉食モルモットが大人しくその場所にいた(繁殖していたならなおさら)のが不思議。逃げた段階で散らばってるはずだよねえ。
「骨」・・・パニック系の恐怖になっていくように仕向けたかったんでしょうけど、それゆえ、ありきたりなラストに・・・
「記憶」・・・どっかで読んだような話。
「鈴」・・・めぐみさん、いいヒトだなあ。こんないいヒト、いませんよ(皮肉)
「呪殺」・・・ここまでくると途中でなんか、オチ、読めちゃった
「髑髏盃」・・・ラスト、意味がよくわかりませんが・・・参加者に復讐の権利はないだろうし・・・
「手毬」・・・ネタは安倍清明VS芦屋道満・・・ひねったつもりだけどちょっと無理っぽくないですか・・・
「顔」・・・ドッペルゲンガー?
「人形」・・・ヘタに因果を感じさせたがために・・・

うわー、いいことひとつも書いてない。解説ではひとつひとつすごい誉めてあるのに・・・・私の感性が鈍いのかしら?
でも、もうこのヒトの作品は読まなくていいや。

自分への戒めも兼ねて・・・

口直しは「刑務所の怪談」にしようかな

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。