こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やっぱ、書いとかないと!

九十九怪談  第一夜九十九怪談 第一夜
(2008/08/09)
木原 浩勝

商品詳細を見る

パソコン近くに置いといて、記事を書くつもりで、他の記事ばかりアップしてました、ゴメンナサイ。
「新耳袋」の木原先生の実話怪談の本です。
うん、やっぱりいいですね。99話というつくりも「新耳袋」っぽい感じですが、こういう、「ひとつ欠けて不完全である」という状態が一種の「魔除け」になっているんでしょうね。ただ、ついつい、自分の実体験みたいなのとかが喚起されて、わざと欠けた状態になっている100話目を、自ら補完してしまったりすることもままあるんですけども。
木原先生の怪談には、幽霊だの怨念だのめいた話のほかに「狐狸」の類が絡んでそうな話がいくつか入っているのも好きです。いまだにオーソドックスなことをやっているかと思えば、妙にハイテクっぽいいたずらを仕掛けてきたりする、そういうところが憎めない。「狐(狸)に化かされた」というのが、怪異の説明としてまかり通ってしまうのが日本のいいところです。

「Y霊園」・・・お墓で肝試しはやめたほうがいいですよ。昔、オバサンから「野宿をするなら神社よりお墓。にぎやかだから淋しくないよ」と聞いたことがありますが・・・
「ジェス」・・・不思議な忠犬。
「山のスタジオ」・・・この話の前にも録音スタジオなどの関係の話が幾つか。「音」に特出した場所は外界の音と一緒に、今生のしがらみも遮断している。
「キャッチボール」・・・かっぱ?
「自動販売機」「いがいとかしこい」「左折」・・・狐に騙されているよぅ。弱点は変わらないんだね。
「妊婦」・・・こ・・・怖い・・・
「手紙」・・・一緒にお祝いしたかっただろうね。
「風呂の水」・・・お父さんは何か知っていた?
「加湿器」・・・家族全員が目撃者とは珍しいですね
「大仏様」・・・絵面が非常にシュールなんですけど・・・
「置物」・・・つくも神だvv
「リフォーム」・・・いわくがわからない・・・そしてさらに塗り隠されて・・・
「デブの席」・・・別のイミでも怖い話だなあ・・・
「お願い」・・・いい話・・・なのか?
「のんちゃん」・・・切ない・・・でも、ハッピーエンド、かな?

1話だけ、「神の手」の写真の話がナンバリングされてないんですが、これ入れると100話になっちゃうんですが・・・・

夏の怪談尽くしも、セミの鳴き声と共にぼちぼち収束。
今年は積読本も大量なので、まだまだ怖い本の御紹介が続けられます。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。