こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

近況報告です

先週くらいから、何度も何度も鼻血が出てしまって、なかなか本を読むのに集中できません。
一度なんか、買い物先で止まらなくなりまして、なんか無駄に興奮したアヤシイおばさん状態で、人目が辛かった…。鼻血を隠すため、マスクして勤め先の救急外来にかかりに行ったら、「あ、インフルですか?」忙しいとこ悪いなー「…すまん、鼻血止まらん…」「ええ!?…鼻血ですか…?」「そう、鼻血…」…恥ずかしかったさ!!
処置してもらって、三日くらいよかったんだけど、またぞろ出始めちゃったんで、相談したら、「乾燥が原因じゃない?」とのことで、風邪予防もかねて、加湿器(あひるちゃん型でかわいい)を購入。効果はどうだろう。…幸い、今日は出てないけど。

そんなわけで、今は「黄金の丘を君と転げ回りたいのだ」(三浦しをん)と、「五千四十の死」を並行読み。前者はワインに関連した本です。酒に弱く、ワインは一杯飲むとふらふらになる私としては、いろいろ羨ましい限り。ちょっとずつ読んでます。後者はいつものように実話怪談。冬の怪談祭り状態で嬉しい限り。鼻血が落ち着いたら、もう少し読めそうに思います。

芥川賞・直木賞が決定しましたね。あんまし興味がわかないんですが、今回は円城塔氏が受賞されたので、「難しい」と敬遠せずに読んでみようかなと思っています。
某知事が今回限りで選考委員から降りるというのも朗報でしたねー。売り言葉に買い言葉的な感じにまとめられていてガキっぽいことこのうえないですが、新しい風が吹いてくれることを期待してますよ。しかし、自分が脅かされるくらいの刺激ってねー。この人の文章、ヒドイんですけども。構成も、レトリックも、ヘタすりゃ日本語の文法すらアヤシイ。そんなんが選考委員ってーのは、どーなんよ?ちなみに、文章のものすごさは豊崎由美「正直書評」の袋とじ部分にものすごく的確に書かれています。納得しちゃった。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。