こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

火星でサバイバル! ~「火星の人」

更新久々です。ご無沙汰しております。
毎度この出だしもどうよ、とは思うのですが…読書の進捗はTwitterに挙げてることが多いので、もし「生きてんのか、こいつ」と思われた奇特な方がいらっしゃいましたら、ちょろっとのぞいてやってください。

で、今回はこの本です。

火星の人 (ハヤカワ文庫SF)火星の人 (ハヤカワ文庫SF)
(2014/08/22)
アンディ・ウィアー

商品詳細を見る


久々に、久々に、アツいSFでした!!多分今年のSFベスト1かな。(まだ3か月あるっちゅーねん)
帯には「ゼロ・グラビティのリアル」とか書いてありましたけど、はっきり言ってそんなの関係ないです。

火星有人探査プロジェクト「アレス3」のメンバーは、予想外のアクシデントに見舞われる。巨大な砂嵐のなか、クルーはやむを得ず今回のミッションを切り上げ、ヘルメスに帰還することとなった。しかし、彼らを更なるアクシデントが襲った。
クルーの一人、マーク・ワトニーが折れたアンテナの直撃を受け、さらに嵐に吹き飛ばされてしまったのだ。
彼は死んでしまった…地球の人々も、クルーもその「事実」を悲痛な思いで受け入れようとしていた。
ところがどっこい、彼、マークは生きていた!酸素もない、水もない、ただ赤く不毛な大地に、たった一人で…!

兎に角、出だしから凄い状況。
普通なら、精神に異常を来してしまう、そこまで行かなくても、一時的なパニックで、生き残ることなど諦めてしまうのでしょうが、マークは違いました。
自らの応急処置をし、まずは火星での拠点「ハブ」で、この後どうやって生き残っていくのか、自分はどれだけ頑張れば、救助される可能性があるのかを考え始めます。もちろん、この事故でプロジェクトそのものが中止になってしまうかもしれないとも、冷静に考えているので、単に楽天的ではないのですが。
そして、こんな状況でも、したたかに、実に合理的に、生き延びるための努力を開始するのです。
この、マークの一人称で語られる「ログ・エントリー」が、マークの人柄をしっかり感じさせてくれて、この悲惨な状況なのに、マークならどうにかクリアしてくれるんじゃないか、と応援したくなってしまいます。
とにかく、マークがいいヤツなんだ!ユーモアもあって、粘り強くて、ホントにいいヤツなんだよ!時々くさったりしてるけど、翌日には打開策を考えてたり、すごいんだよ!
で、マークの生き延びるための努力を、火星の観測衛星の画像から、一人のオペレーターが見つけます。
生きてる!…じゃあ、なんとか助けなくちゃ、でもどうやって?次のミッションまで4年はかかる計画だった。機材も足りない、それまでマークが生き延びられるかも、ほぼ絶望的だ。どうする!?
ここで、生き延びていたことに目をつむる国もあるでしょうが、NASAは違った!マーク救出計画をなんとか考えるんだ!!
地上ですったもんだしてる間にも、マークは生き残るべく、高価な機材を取り付け、取り外し、加工し、ぶっ壊し、吹っ飛ばされ、うんこをためて、ジャガイモ育てて、まずは地球と連絡を取ろうとします。
しかし、このサバイバル大作戦、きっと史上最もカネがかかってる。人名はおカネよりも尊いものだろうけど、想像すると物凄いオカネですな。でも、そんなの関係ない…わけではないので、ヴェンカトさんが予算をほじくりまくってくれます。…なんだかんだ言っても、このヒトもいいヒトだよなぁ。
そして、そんなに小難しいSF知識みたいなのがなくても読めます。

読んでほしい!
そんで、マークを応援してやってほしい!
私、「マーク・ワトニー・レポート」録画すると思うわ…
スポンサーサイト
読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。