こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SFは愛だ!?

トンデモ本?違う、SFだ!トンデモ本?違う、SFだ!
(2004/07)
山本 弘

商品詳細を見る

この続編を以前に読んで、記事かいてました。で、やっと、コレを見つけて、一気に読了。

いやあ、自分、結構SFって読んでたんだなあ・・・

あんまり難しい理論は読めません。解りません。さらっと読んで、「ああ、そういう設定なんだね」と結構納得してしまっていることが多いので、「設定が・・・」とか、「科学的理論が・・・」とかいうところへの突っ込みは無理です。でも、SFって面白い。奇想天外な発想(妄想含む)が、どう読者(特に自称SF者)を納得させられる(ケムに巻く)か。そして引き付けられるか。うーん、ちょっぴり駆け引きの世界。
嬉しかったのは、フレドリック・ブラウンに触れてあったこと!!
もともとは、坂田靖子さんたちが共著された「フレドリック・ブラウンは二度死ぬ」という漫画で読みまして、原作、というカタチで読んだ事があったんですが、そんなに長くないし、凄く難解極まりないSF理論が出てくるわけでもないのです。・・・でも、面白い!!すごくウィットに富んでいる感じ・・・でも、あんまし、SFっぽくはない。じゃあ、ホラーか、ファンタジーか、と言われると、どっちもしっくりしない・・・で、今回、やっぱしSFだったんじゃん!!と、快哉を叫んだ次第。
まあ、SF好きなヒトは若干お互いに閉鎖的な感じになってるとは思います。この本の中にもそういう表現出てきます。コレを読まなきゃSF好きじゃない!!的な。それに、いかにムズカシイ理論を語れるか、というヲタクといわれてもしかたない自己満足もあります。あんまりそれを前面に出してしまうと、「わかんないんなら読むな。」といわれているような気がします。SFがとっつきにくいのは、そのせいじゃないかなあ、とか思っているんですが、どうでしょう?

でも、その世界観を楽しめれば、面白いジャンルなんですよ。

そーいや、カーボンナノチューブ、ノーベル賞とれませんでしたね。説明するのに、「軌道エレベータ」の事を出していた○京TV・・・それを女子アナに説明さすのは、無理ありまくりなんだが・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<いつか追いつきたい背中がある | HOME | う、うまそう!!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

土地投機を規制する通達を止めてバブルの崩壊を止めるというシナリオは確かに一面正しいかもしれないけれど、バブルが崩壊して不景気になってやっと気付いた面も多かったと思うので、劇中の価値観にはあまりついていけなかった。真面目に考えるような映画じゃないんですけ... …
2007-10-14 Sun 02:50 ファンタジーを極める
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。