こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大満足~その2



「図書館戦争」シリーズ第三弾です。次でおしまい、と言うことですが、ちょっともったいない気がします。ただ、そういう読者の声に応え過ぎるとだらだらとしまらない事になりがちなのもわかるので、そこらへんは次巻に期待しましょう。「図書館戦争」シリーズはスピンアウト系の作品がたくさんできそうでもありますね。既に「レインツリーの国」も出てますし。近々読んでみたいと思います。
ただのラブコメになってしまわないのが、私には読みやすい理由かもしれません。(ラブコメは面映くって読んでて持たない・・・)
今回は痛い話も。本を守る→武器を持つ→人を傷つける(殺す)又は傷つけられるという図式。今まで、傷つけられる立場である事が多かった郁が、自分が傷つける立場になる。・・・でも、ソコで泣ける郁が好きです。図書隊で3年・・・成長してきた部分と、まだ成長しない部分が入り混じっている、そんな郁は魅力的です。
で、堂上教官・・・ちっこいけどやっぱり頼れる男です。器用な立ち回りは小牧教官にお任せするとしても、実直な朴念仁キャラは健在。周り(読者含む)をやきもきさせっぱなし。
そんで、自分的には注目の手塚(兄)ですが、今回はなんか裏で暗躍していそうなのに、尻尾がつかめません。やるな、タヌキツネ。「自分は何でも解っているんだよ、はっはっは」って感じがするんだけど、いつか弟に越えられてしまえ。
柴崎と手塚はいいカップルのような気がするんだけど、どうなんでしょう?次巻で進展はあるんだろうか。

なんにせよ、次巻が楽しみです。
読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小細工してみる | HOME | 大満足>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。