こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何故ゆえに?

ナイチンゲールの沈黙ナイチンゲールの沈黙
(2006/10/06)
海堂 尊

商品詳細を見る


職場のK山ちゃんから借りて、やっと年明けに読みきりました。私にしては珍しく、借りた本。
表紙カバーに点滴台が書いてあるんで、なんか関係するのかと思ったら、なんも関係なかった。看護師が出てくるので、そのイメージなんだろうか。
ちょっと、とっかかりで苦戦を強いられました。・・・すまん、ICUと小児科が同じ病棟で、NICUと無菌室が・・・なんてとこ、私は勤められない(爆)。いいなあ、三交替で。しかし、休日出勤ありありらしいぞ、東城大病院。労組は何をやっとるんだ!!(笑)
などと、労働条件に文句言いまくり。・・・すまんね。だもんで、苦戦したのです。
話は、ミステリーとしては、非常に読みでがあります。途中で(というか、最初から)犯人はわかってしまいますが、それをどう突き崩していくのか、というところが面白いです。
ただ、この作者の方は、どうしてもAiの導入について語りたいので(実際にそういう本も出している)、その有用性ばかりが強調されてしまいがちです。最後のぶち壊しのところは、独壇場。白鳥節炸裂で、私は面白かったんですが。田口センセ、今回あんまし目立たない。

でもね。やっぱ、現状ではムリだよね、死体のMRIってのはさ。必要だと思うけど、難しい。千葉大で、そういう試みがされていることをTVで見たんだけど、キャスター、思いっきり言うんだよ。
「これが導入されれば、技師だけでもできますよね」
・・・・・ばかたれ。
もうちょっと勉強してから、コメントしてくれ。画像診断は、医師のお仕事です。しかも、必要とあらば、病理解剖にもっていくのだよ。技師さんは画像は撮っても、診断しません。・・・やっぱ、病理医も増えないといけないよね。
そうは思うけど、父が亡くなったときは、どうしても解剖を承諾できなかったよ・・・

そういえば、「チーム・バチスタの栄光」が映画化されるようですね。
田口医師は竹内結子さんで、白鳥は阿部寛ですか?
・・・観に行きません。
おっさんばっかでむさ苦しいかもしれないけど、田口のキャラが台無しだ。白鳥もかっこよすぎるだろう?
ええ、観になんていきませんともさ!!

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~な行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<冬の聖地巡礼の話 | HOME | いつの間に>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。