こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

SFにてこずる

天体の回転について (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)天体の回転について (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
(2008/03)
小林 泰三

商品詳細を見る

表紙カバーがむちゃくちゃ萌え絵で買うのが若干恥ずかしかったデス・・・
ここんとこ、SF読みしてますので、これもそのつながりという事で。
何より短編。最近どうも長編を読む気力がなくて、短編ばかり読んでます。本読んで寝落ちしてしまう事もしばしばです。
SFですが、ちょっぴりホラーテイストのものがあったりします。

・天体の回転について・・・うーん、説明を理解するだけで、脳味噌はちきれそうでしたよ。科学が発展して、それが忘れ去られてしまった話。軌道エレベータなんて、そんな簡単には劣化しないだろうしなあ。
・灰色の車輪・・・アシモフのロボット3原則です。懐かしい。氾濫するロボット自ら「ブライ王」って・・・ボス?アニメファン、にやりですね。
・あの日・・・物理がガジェットに成り下がる。
・性交体験者・・・うわー、怖い・・・こんなんで、文明成り立っていけるんでしょうか?でも、蟷螂だってやってるモンなあ・・・
・銀の舟・・・人面岩って、知ってます?最後の最後でドンデンがきます。冥王星はもう惑星ではないのが淋しい・・・
・三百万・・・えーと、「300」ですよーもう、宇宙人が凄い単純馬鹿だ。でも、肉弾戦は好きだよ。立ち上がれ、技術奴隷!
・盗まれた昨日・・・この文明、絶対滅びるぞ・・・メモリ1個で、別人になってしまうのは怖い・・・
・時空争奪・・・でたな、旧きもの!タイムパラドクスとかも時間ものにはありますが、小林テイストなホラーとしても読めます。

SFはそれを有効に作用させるガジェットの選択が必要で、なおかつ難しいですね。でも、それが有効に効いていると、面白くなります。

しかし、萌え絵のカバーはどうにかならんもんだったのか・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ひろげっぱなし | HOME | 春だよ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。