こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

優しい感じです

山白朝子短篇集 死者のための音楽 (幽BOOKS)山白朝子短篇集 死者のための音楽 (幽BOOKS)
(2007/11/14)
山白朝子

商品詳細を見る

積読してしまっていた作品。「幽」で連載していた作品ばかりだから後回し、と思っていたら、表題作が書下ろしでした。・・・油断した。歯医者さんの待ち時間のお供にいたしました。
この本はとにかく装丁が美しいです。ペイズリーの部分が箔押しみたいになっていて、タイトル文字が少しかすれているようになっています。
怪談だし、スプラッタなシーンとかもあるんですが、全体に優しい印象です。まったりと柔らかい。
女性の書く怪談としては、「ぼっけえきょうてえ」みたいなちょっとどろっとした粘着的な怪談を思い浮かべてしまいますが、あんまりどろっとした感じはありません。でも、しみじみとクルものがあります。
以下、各話のメモ。

・長い旅のはじまり・・・ヒトの世の理からはずれてしまった2人は、どこまで旅を続けるのでしょう?
・井戸を下りる・・・純愛
・黄金工場・・・黄金の輝きは偽りに満ちている。
・未完の像・・・一番好きな話です。
・鬼物語・・・一番血の匂いの濃い作品。
・鳥とファフロッキー現象について・・・少女の想いをかなえた鳥は、少女自身なのかもしれません。
・死者のための音楽・・・あの世に流れる甘美な音楽。母はこの世の音を聞くことはできなかったが、あの世の音楽に触れていた。

まだ「幽」で連載されているので、今後も楽しみです。


なんか、鼻風邪を引いてしまいました・・・喉と鼻の奥がはれぼったいです。
・・・早く寝てなおさないと・・・
せっかく2連休の今週末はDVDたくさんですしね。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<よかったよかった | HOME | UFOが憑きました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。