こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いわくつきゆえ、紹介不能

いわくつき日本怪奇物件 (ハルキ・ホラー文庫 ふ 1-2)いわくつき日本怪奇物件 (ハルキ・ホラー文庫 ふ 1-2)
(2008/07)
福澤 徹三

商品詳細を見る

ちょっとタイトルから予想していた内容とは違っていました。でもまあ、しょうがないよなー。実名で公表するわけにもいかないし。伏字にしたって、わかるもんはわかるし。
ただ、あえて辛口でいうならば、季節合わせのやっつけ仕事気味な出来のような感じがして残念。
もちらん、この時期よくコンビニで売られている怪奇スポット案内みたいな本ではありません。
きちんと読み物として楽しめる内容です。なので、逆に蛇足的な「いわくつき」の場所の紹介は不要だったかも。
「縮んだ眼」・・・これ、呪われてるにしても、こいつがヤバイ。
「北棟」・・・病院は怖いところだよ。どこでも怖い話が転がってる。
「ほどろふ」・・・って、・・・・ナニ?
「蜘蛛」・・・場所に、毒されていく
「佇むもの」・・・閉じ込め、塗りこめて・・・そうやって、いわくつき物件って、作られていくんだね。
「トンネルの落書」・・・自作自演?でも・・・呼んでしまったかも。
「ビル街の草原」・・・まるでタイムスリップしてしまったような・・・
「ケイコさん」・・・堕ちも堕ちたり。でも、現世の人間も十分怖い。欲が絡むとなおさらね。
「ゆきちゃん」・・・どんな縁があったのか。ちょっと物件絡みではないですけど。
「患者の声」・・・ちょっと切ないなあ。・・・ウチの病院、カルテ探してるヒトがいるらしいですけど。
「事故物件」・・・ある意味、わかりやすい。
「ぺこぺこさん」・・・これは、ねえ。仕事一生懸命やってるヒトに失礼な会社。
「桜」・・・古井戸だって、埋めるときお払いするからねえ。てゆーか、実際、そんなん手抜きでしょ!!

でもやっぱり、「物件」案内ではないので、タイトルはイマイチ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ええい、くそ!! | HOME | やっぱり怖いよ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。