こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あら、意外と面白い。

初音怪談  私と小さなおじさんのこと初音怪談 私と小さなおじさんのこと
(2008/08/09)
松嶋 初音木原 浩勝

商品詳細を見る

「九十九怪談」を探しに行ったら、目標物のお隣に鎮座ましましていたこの本。
あら、木原さんの本・・・で、この表紙のじょうちゃんは何もの?でも、木原さんの怖い話の本だよね。
あ・・・・アイドル?このじょうちゃんの体験談なのね。
ついでに購入しまして、早速読ませて頂きました。

放送室で聞いた知らない誰かの声。
電車のホームで出会った男の子のこと。
私の右半分に住むお兄ちゃんのこと。
ーーーこれは、すべて私の体験です。


あ、あら、意外と面白い体験談。失礼ながらアイドルの怪談ということで、あんまし期待してませんでした。ところがどっこい。類話のたぐいがあんましひっかかってこない。
松嶋初音ちゃんというこのグラビアアイドルのじょうちゃんは、「見える」ヒト。小さい頃から稀有な体験をいっぱいしちゃってます。サブタイトルの「小さいおじさん」はよく聞く話なんですが、これがなんか変でいい。
大概の「小さいおじさん」の目撃談は、妖精よろしくちいさいオヤジが、ナンかをしてました、という目撃談なんですが、このコ、一緒に住んじゃってます。ちゃんと、意思疎通させてます。・・・すげー。

「カタカタ」・・・おかーさん、こわいよ・・・
「刀探し」・・・見つかってたら、どうなった?
「ベッド」・・・過去形が怖い。
「じゃがいも」・・・そんなトコで栽培してほしくないけど・・・ちゃんと採れたのかも気になります
「狐の嫁入り」・・・連れていかれたら、どうなっていた?
「ゆうこさん」・・・ちょっと切ない初恋の相手は・・・ユーレイ?!
「お兄ちゃん」・・・二人で一人なんです。

後半は「小さいおじさん」の話。まるで、普通に生きているようなおじさんに、反発するじょうちゃんが微笑ましい・・・ヘンなことのはずなのに!?

なんか、続編もあるようです。
期待しちゃっていいのかナ?!

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明日から東京です | HOME | 最近はこっち方面も・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。