こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今の所、成功している?

屍鬼 1 (1) (ジャンプコミックス)屍鬼 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/07/04)
藤崎 竜小野 不由美

商品詳細を見る


藤崎竜は絵が好き。
原作「屍鬼」は読んだけど、感想はイマイチだった。
取り敢えず、買って読んでみましょう。

うん、今の所、藤崎竜の「構成」が上手いようです。

原作「屍鬼」の感想が、なぜ「イマイチ」だったのか。
多分、視点の変更が唐突だからだったのではないかと、これを読んでいるとそう思えてくるものがあります。
この藤崎版は、視点が「夏野」サイドで進んでいます。その分、いくらか整理された感じです。
「尾崎」や「誠信」の取っている行動は、平行軸で進んでいるものの、「夏野」というキャラクターに絞って、外場村の状況を描いていく、ということが、ストーリーを余所見させないようにできているような感じです。
原作「屍鬼」は、下巻を面白く読めたのに、上巻はなんでのらなかったのかなあ、と考えてみると、「夏野」というキャラクターの話(なぜかBLっぽい展開も含めて)が、埋没してしまっていたからではないのかなあと、マンガを読みながら思いました。

だから、続きがきちんと気になります。

しかも、ちゃんと「絵」が怖くしている。・・・ホラー系マンガだと大事なコトですよね。

「新耳袋 大逆転」読み始めたら意外と面白いので、びっくり。
近々アップできそうです。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

読んだ本~さ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前よりは面白かったね | HOME | するするっと。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。