こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

まだまだいくぞ!!

恐怖箱 老鴉瓜 (竹書房文庫 HO 53)恐怖箱 老鴉瓜 (竹書房文庫 HO 53)
(2008/08/29)
矢内倫吾鳥飼誠

商品詳細を見る


この3日間はオタクの楽しみに満ちておりましたよ・・・
3連休で、友人Aさんが来て、映画見て、飲み食いしていましたが、基本は本やらマンガやらを読むだけです。だらだらだら。・・・・こーゆーのが私の幸せですよ。

本読み三昧だったのですが、ゆっくりと読み損ねていたこの本を読むことができました。
どうも、近隣に同じような趣味人がいらっしゃるようで、発売日を逃すと近所の書店では入荷の少ないこのような怪談本は先を越されてしまうようです。・・・ふふふ、戦いだね。
今回は、少々遅れをとってしまったので、ちょっと遠出をしたところで購入してきました。・・・探すの大変なんで、発売1ヶ月くらいは平積みしといてくださいよぅ。(贅沢)

あいかわらず、怖い話というものは、この世の有象無象の中から湧き出してくるようです。できれば関わりになりたくないのに、こちらの都合についてはお構いなしです。
でも、それらを蒐集するものがいなければ、その不可解さ・気味悪さは個人に留まります。そして、聞いてしまった私たちには、何が生まれてくるのでしょうか。

「たくさん」・・・お地蔵さんは何故みえなかったのか。
「因業」・・・首が絞まる・・・周囲にまでばらまかれた業の深さ
「ヒカルちゃん」・・・いっぺん懲りたほうがいいね、このヒト。
「信号待ち」・・・なんというか・・・ブラックジョークみたい。
「一○一号室」・・・生き続けたかった、その無念は察するにあまりありますが・・・
「妄執」・・・ネコ、無事でよかった・・・
「責任の所在」・・・給食のユデタマゴで、たまに出てきたけど・・・トラウマになったら誰が責任取るのかな
「六匹目」・・・たまにあるらしいです。
「包帯」・・・わけがわからないけど、慣れてるよね
「出張マッサージ」・・・位牌でぶたないでぇぇ!!
「くそ親父」「お婆ちゃん」・・・いい話。
「ロマンス」・・・なんか、小説になりそうなシチュエーション。
「宝船」・・・縁、なんですよね。
「返しの風」・・・身の程を過ぎた願は、よろしくないですよ。
「迷い釘」・・・恨みというか・・・女は怖いね・・・
「対決」・・・個人的にお稲荷さんにがんばって欲しかった
「つぼみ」・・・時限式の呪い
「犬神憑き」・・・怖い話を読んでいると、よくその存在を聞きますが、どちらも不幸で哀しいですね。でも、最近は、携帯とか、ネットを介してくる怪異も増えていますね。

今月末もでます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<続き、気になります | HOME | 前よりは面白かったね>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。