こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

良い組み合わせですね

廃墟巡霊廃墟巡霊
(2008/10/16)
高島 昌俊岡戸 雅樹

商品詳細を見る

廃墟と心霊・・・ありがちなんだけど、なかなかこの組み合わせでストレートに攻めてくる廃墟本は今までお目にかかれなかったように思います。で、
ついに出ちゃったか・・・
もうちょっと廃墟の写真が「それっぽい」感じだと面白かったような気もしますが、「出る」トコロだと思ってみると違う見方もできそうです。一応、後半にそれぞれの由来とかいわくみたいなこととか書いてあるんだけど、廃墟の写真と並べて書いてあったほうがよかったなあ。(何度も前の方の写真を参照しないといけないから)

華厳の滝の写真は、あくまでシミュラクラだと思いたい・・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<翻訳モノには苦戦する | HOME | 悔しいからやり遂げるつもり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。