こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

違う世界へ通じている

廃墟関連の本を読んだりするのが好きで、このブログでも散々読み散らした感想をあげております。
で、ちょっと違うけど、こんなのも読んでみました。
廃道本(ブルーガイド・ムック) (ブルーガイド・ムック)廃道本(ブルーガイド・ムック) (ブルーガイド・ムック)
(2008/11/08)
平沼 義之永冨 謙

商品詳細を見る

新しく、便利のいい道ができあがって、忘れ去られてしまった旧道。
観光などの利用を目的としながら、コストパフォーマンスや自治体の都合なんかで廃れてしまった道。
そんな「廃道」を取り上げたこの本。
トンネルが出来上がったりして、わざわざ難儀な道路を通らなくても良くなって、しかも抜け道にするには狭い・危ないなどの理由で、廃棄された道路がてんこもりです。
そして、そんな道路が徐々に自然に還っていく姿が、なんとなく「美しいなあ」とか思ってしまうこともあります。隧道が崩れ、入り込んだ土砂が緑を湛えている。道がちょうどよい小川になってしまっている。崩れかけた石畳や石垣、ひび割れたコンクリート舗装が、辛うじて往時を偲ばせる縁となる。ある種の「滅びの美学」みたいなもんですかね。
ただ、朽ちかけた道は、何処に続いていくのでしょうか。その道は「目的地にたどり着く」という目的が奪われたまま、ひだすら朽ちゆくのを待っているだけなのでしょうか。「どこかに」ヒトを運び、連れて行くだけの道があるのかも・・・「道」が「未知」となれば、妖かしに転じていきそうです。
ちなみにこっちも同じコンセプト。眺めているのも楽しいですよ。
廃道をゆく (イカロス・ムック) (イカロス・ムック)廃道をゆく (イカロス・ムック) (イカロス・ムック)
(2008/10/31)
不明

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ちょっと・・・コレは・・・ | HOME | 毛色の変わった・・・>>

この記事のコメント

よく見ています。継続して更新感服します。私も頑張ります。最近寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。また遊びに来ます。
2008-11-13 Thu 14:36 | URL | akio #-[ 編集]
訪問&コメントありがとうございます。励みになります。
楽しんで頂ければ幸いなのですが・・・(^^;
寒くなってきましたので、ますます家に引きこもって本と漫画ばかり読んでおります。
今後ともよろしくお願い致します。
2008-11-13 Thu 22:13 | URL | こたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。