こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一応、恋愛小説、ということで。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

えーと、読んでてこっぱずかしくなっちまいました。これは・・・恋愛小説ですかね。
ちょいと時代がかったセリフ回しとか、キャラクター設定とか、なかなかオモチロイ。
先輩の空回りっぷりは愉快でございます。
まあ、イマドキの学生が、こんなんか、というと「?」ともいいたくなります。もちっと荒んでるよなあ、とか。もうちょっと、「バンカラ」なんて言葉が生き残っていた頃の学生さんたちのようで、現実からは若干乖離しているような感じはあるので、この辺、好き嫌い分かれるところではあるのかも。しかし、まあ、これが森見作品、ということなんでしょうか。
結構幻想混じっていますので、よしといたしますかね。
面白かったんですけど・・・こっぱずかしいこの展開。いやはや、どーしましょう。
あんまし考えずに読めましたね。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~や・ら・わ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<怖い話、読み初め | HOME | 好みは分かれると思いますが・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。