こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

引用がたくさん!

倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)
(2007/11)
皆川 博子

商品詳細を見る

以前読んだ、桜庭一樹氏の本で結構贔屓されてた皆川博子氏の本。紹介されていた本ではない本を読んでみようかな、と思ったのは私がヒネクレモノだからではありませんよ。

戦時中のミッションスクール。
図書館の本の中にまぎれて、ひっそり置かれた美しいノート。
蔓薔薇模様の囲みの中には、タイトルだけが記されている。
『倒立する塔の殺人』

少女達の間では、小説の回し書きが流行していた。
ノートに出会った者は続きを書き継ぐ。
手から手へと、物語はめぐり、想いもめぐる。
やがてひとりの少女の不思議な死をきっかけに、
物語は驚くべき結末を迎える・・・・・・・。

物語が物語を生み、秘められた思惑が絡み合う。
万華鏡のように美しい幻想的な物語。


語り手や、話の思惑が、計算ずくで変わっていきます。
ミッションスクールなので、ちょっぴり今はやりの「百合」系な感じもありますが、出てくる少女達は美しく、何も知らない無垢なお人形さんではありません。好ましい少女ばかりではないのが良いです。
「倒立する塔の殺人」とタイトルだけが記された、美しいノートを巡って、少女達は内面を語っていきます。
そして、ノートに綴られて行く小説、「倒立する塔の殺人」。
少女達の現在と、小説の、そのお互いの結末がシンクロしていく。
その行き着く果ては・・・あんがいロマンティックなのかもしれません。
計算された人物配置が、なかなか面白いとは思いました。人物の処理も丁寧で、意外な伏線に後半ビックリさせられます。・・・あんまり書くとネタバレになっちゃうかな。
そして、引用やら、絵の話やらが非常に多いです。引用された古典・・・「カラマゾフの兄弟」とか、「地獄」とか、この時代の少女達がいかにも読みそうなかんじですが、同時に、作者の博覧強記っぷりに感嘆する次第です。・・・古典・・・って、私、あんまし読んでないなあ・・・所詮、娯楽読書ですからね。

ちょっと、ホラー読みはお休み中。(1週間ももつまい)
今、SF読んでます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<終わらせ方で変わるよね | HOME | 世の中は、コワイコトだらけ・・・かも?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。