こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画の前振り?

全然期待してなかったOO2ndシーズン。
最後の最後で、本気で「やっちゃったなーーー」でした。
このシーズンで、株を上げたのはティ〇リアだけでした。最後までヲトメでいてくれてありがとう。BL的要素が強かろうが、比較的筋の通ったキャラになってたのはよかったとは思います。ちょっと納得いかない女装とかは、もうサービスということで、割り切るしかなかろう!

でもって・・・あとは・・・酷評なので、読みたいヒトだけどうぞ。
まず、もったいなかったのはセ〇ナ。真のイノベーターだかなんだかしらないが、とってつけたような設定のために、超人になってしまった。1stシーズンで成長してきた彼の人間的な成長も、台無しになってしまった。勿論、成長してきたからこその覚醒かもしれないが、ストーリーの薄っぺらさがそれを感じさせなかった。
他のマイスターまでとは欲張りたくないが、セ〇ナとティ〇リアの二人くらいはしっかり描いて欲しかったが、ラストで明暗を分けたような気がする。
キャラクターについて言い始めたらきりがないが、あまりにもご都合主義的にヒトが死んだり、生き残ったりしている。コーラ〇ワーは好きなキャラだったが、生き残っていたとはがっかりだ。(予測はついていたが)そんな中で、アリーなどはきっちり自分の役をわきまえて死んでいったのではないだろうか。
もっと言いたい事があるキャラはいるが・・・

ストーリーそのものはがっかり感が凄すぎて、正直評価不能。後半の怒涛のキャラクター整理はやむをえないが。挙句に「幼年期の終わり」で、木犀大アップ。SFファンの怒りを知れ。アシモフ先生に土下座して謝れ。
続きは映画でどーぞ、と言われても、1年後にこの設定を、作品を覚えていられるか?アニメ誌辺りが必死で補完してくれそうだ。興味がもてないが。
CBは最終的には宇宙版「沈黙の艦隊」となったと解釈してよろしいか?
ガン〇ムを名乗ってしまったので、それなりに期待していたようです。

戦闘中に敵と会話が可能な通信システムはどうかと思う。

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

TV番組~アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まだ1巻目なので・・・ | HOME | ちょっと待て!?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。