こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一気に読んでます

心霊探偵八雲〈2〉魂をつなぐもの心霊探偵八雲〈2〉魂をつなぐもの
(2005/02)
神永 学

商品詳細を見る

心霊探偵八雲 (3)心霊探偵八雲 (3)
(2005/06)
神永 学

商品詳細を見る

心霊探偵八雲 (4)心霊探偵八雲 (4)
(2005/11)
神永 学

商品詳細を見る

連続で読んでます。やっとこさノってきた感じです。
やっぱ、全体に文章とか構成とかがもうヒトツな感じが否めません。地の文にキャラの感情の文が入ってしまうのはちょっと好きじゃないので・・・。また、場面転換が若干ちゃかちゃかとしているので、話があっちゃこっちゃにトんでいるように見えてしまいます。・・・八雲じゃなかったらまとまらねーだろ、こりゃ。
タイトルは「心霊」ですが、ストーリーはちゃんとマジメなミステリーです。科学捜査なんかのところに、ちょこっと突っ込みたいとこがありますが・・・いくらなんでも、警察も鑑識もそこまでいい加減じゃないと思うよ・・・故意に隠したりって事はあるかもしれないけどね。
八雲には、死者の姿が見える。思いがわかる。彼が推理をするとき、その能力ゆえに、巻き込まれたり、利用されたりした幽霊も救われている。生きているものも、死んでいるモノも、救おうと足掻く八雲の今後が気になります。
4巻までで、一番成長してきたのは晴香のようです。八雲の頑なな心も、ちょこっと解れてきているようです。この二人の関係も気になりますね。
お気に入りはおじさんの一心さん。いいひとだ。石井が苦手。寧ろ嫌いなタイプだなー。「私、どっちかってーと性格が後藤刑事タイプだからねー」とUさんに言ったら、否定してもらえなかった・・・別に私はノーミソ筋肉ではありませんよ。

シリーズものを後から読むと、一気に読めるのが利点ですね。八雲シリーズのカバーイラストは文庫よりコッチのほうが好きです。
さて、続きを読もう。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ゲームのノベライズは難しいかなぁ | HOME | まだ1巻目なので・・・>>

この記事のコメント

こんばんは、私は文庫で3巻までです。私は文庫カバーが好きですが、内容は…うふふ…ちょっと相手が悪まっしぐらで好きじゃないです。文章もアレですし、うまくなっているようにも…そのためかサクサク読める。でもどこにも感情移入できないの。
4巻は文庫になって古本屋に並んだら読もうと思います。
2009-04-02 Thu 22:39 | URL | わか #-[ 編集]
いらっさいませー。
この後、悪の人、もーちょっとなんとかなるんでしょうか。もう少し、悪意漲ってた方が好みなんだけど、今のトコ、思わせぶりなだけかも・・・
さくさく読めるほうですが、やっぱ、場面転換がばたばたしちゃってるのが気になります。前に戻って確認しないといけないの・・・
2009-04-02 Thu 23:36 | URL | こたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。