こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゲームのノベライズは難しいかなぁ

アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩 (GA文庫)アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩 (GA文庫)
(2009/03/14)
富松 元気

商品詳細を見る

大好きなゲームのノベライズということで買ってみました。
・・・あれ?
ゲームのノベライズというと、メインのストーリーをやるか、後日譚やキャラクターのサイドストーリーをやるか、というところなんですが・・・
これは、ゲームをやってないと、なんのことやらサッパリ解らない感じになってしまってます。
ゲームのキモはやっぱり、クローシェとルカがメタファリカという大きな詩魔法を紡ぎだすまでの葛藤とか、成長とかなんですが、肝心なその部分がよくわからない・・・ので、インフェルの過去話が浮いてしまってます。とにかく、ゲームをやって、そのキャラクターが解ってないと、全くなんのことやら解らない展開なんです。キャラクターの説明はされてはいますよ。でも、なんでこいつとこいつが絡んでるの、とかが、あんまりにも唐突で。
ゲームキャラの後日譚もあるにはあるんですが、なんかもう・・・この短期間でタルガーナの性格変わりすぎだろ、とか。同人誌のネタなら許せる範囲でしょうか。
私はこのゲームのシリーズ大好きなので、もっといろんな人に好きになって欲しいなぁ、とか思ってます。多分、2では引きがあったので3が出るはず、と期待して待っている作品です。なので、小説を通じてもっと知ってもらえたらなぁと思ったんですが・・・多分、この小説をとっかかりにしてゲームに興味を持ってくれる人は少ないんじゃないでしょうか?
ゲームのノベライズは、そのゲームのユーザー以外も読むのだという事を、もう少し念頭においてもよかったんじゃないかと、若干残念な感じでした。

「八雲」をちょっと休んで、読みかけの「臓物大展覧会」を読んでますが・・・結構、胃にキますね・・・
この感覚は久しぶりだなー・・・
年寄りにスプラッタ系はちょっとこたえるよ・・・好きだけど。読むけど。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<何度か胃にキた・・・ | HOME | 一気に読んでます>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。