こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

忌み事は続く・・・・

恐怖文庫 超怖い話 怪逅 (竹書房文庫)恐怖文庫 超怖い話 怪逅 (竹書房文庫)
(2009/04/15)
久田 樹生

商品詳細を見る

綺麗な表紙ですが・・・美しいもので覆われたものが、美しいものだとは限りません。
覆われているのは、ここのところ、コンスタントに飛ばしてくれている「超」怖い話のシリーズ・・・新鋭・久田樹生の紡ぐ怪異譚です。

読むのに覚悟がいる本である。正直に申し上げれば、すっきりとした読後感=カタルシスを得られる話は少ない。それどころか異物を飲み込んだような重苦しいものが腹の底に溜まる。なぜなら怪事は終息せず、体験者のもとで続いているからである。現在進行形の謎と呪い。ミステリー小説ならあり得ぬラストだが、実話怪談とはそういうものである。恐怖の後の安堵などという甘いプレゼントは用意されていない。ページを繰ったが最後、不条理な戦慄世界にひたすら翻弄されることになるーーー奇妙な歓喜と熱狂とともに。邂逅の意は「めぐりあうこと」とある。怪事に邂逅した人々の記録が本書「怪逅」である。そう、怪はめぐるのだ。貴方が本書と邂逅したことはすでに、その予兆なのかもしれない。

裏表紙のこの言葉は、非常に的を得ているとしかいいようがないです。どちらかというと、怖い話では「通り魔物」的な話を伺うことが多いように思います。しかし、中には理由も解らず、纏わりつき、絡みつき、「マトモ」な暮らしを送ることがかなわなくなっていく・・・まさに「因縁」としかいいようのないものもあります。このようなモノに見込まれた人たちは、現在進行形で足掻いています。お気の毒ではあるものの、私たちのような「怪談ジャンキー」にはその恐怖を迎え入れています。これを「因業」といわずにどうしましょうか。

「書と楡」・・・現在進行形。何を封じ、何から守っているのか。魅入られるものは破滅する。
「千鶴子」「エレベーター・ラブ」・・・一方的な思い。
「カーディーラー」・・・車の免許がないのでご縁がありませんが・・・曰くつきのものはカンベン願いたいかな。
「興奮の中で」・・・みんなが見ていた。自分だけが違うモノを見ていた・・・
「外国人の事情アレコレ」・・・ボブさんはどうなっちゃったんだろう・・・すなおにあいうえお板にしとけばよかったのにね。
「わかってらっしゃる」・・・いわんといてぇ・・・
「子供から、大人まで」・・・現在進行形。因縁はおろか、事象の関係さえわからないのでは手がつけられない。「家庭訪問」の先生の身に何が起こったんだろう・・・上からも下からもなんて、悲惨すぎる・・・
「あれは恥ずかしい」・・・確かに。
「ある家族との会話」・・・家族が、壊れてしまう前に・・・なんとかならないものだろうか。息子さんがかわいそうです。
「副作用」・・・お年寄り付葛根湯。
「アスファルトの上で」・・・ヒトを呪わば穴二つ。彼は行ってしまった。誰もいない、暗く、苦しい場所に。
「望月の家」・・・現在進行形。縁は切っても・・・血が切れない。
「祝飯」・・・不条理が、引き継がれようとしている。
「爺さんと」・・・話もともかく、爺さんの暮らしっぷりはイカス・・・
「中古ソフト」・・・小粒ながら、ツボを心得てるなぁ。
「ザッカリー・スティーブンス」・・・「西手新九郎」が出た!
「流石に訊けない」・・・そりゃそーだ・・・
「あたしのジャー」・・・不条理だなー・・・マンガになりそうな。
「きじゅろ」・・・現在進行形。なんだろ、これ。すごく気持ち悪い。

「終わっていない」話が多くて、お尻の座りがいささかよろしくないのもありますが、それがこういうカタチで語られたのも、巡り会わせというものなんでしょうか?
なんにせよ、怪異の語り手の血脈は面々と続いているようで、ジャンキーには嬉しい限り。(不謹慎)

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<平山節は健在! | HOME | 結城中佐がかっこええ・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。