こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

続いてるの!?

モップガール (小学館文庫)モップガール (小学館文庫)
(2009/03/06)
加藤 実秋

商品詳細を見る


なんなのこの人たち?なんなのこの会社!?
高給優遇・初心者歓迎・・・求人広告に誘われて、フリーターの桃子が就職した先は、事件・事故現場の後始末が専門の掃除会社だった。そこで働くのは、超犬好きの社長を筆頭に、売れない役者の重男、ギャルの未樹、イケメンだが無愛想な翔、と変人ばかり。
漸く仕事にも慣れてきた桃子だったが、ある事件現場の清掃中、フラッシュバックに襲われる。
個性豊かな清掃員達が、桃子に起こる超常現象を手がかりに、事件や事故の謎に挑む、日本初!お掃除サスペンス。


4つの短編ミステリーです。
主人公・桃子の身に起きる超常現象。それはその場に残された人々の様々な思いを明らかにし、キレイにしていきます。・・・うーん、こういう風に解決してもらえるんだとしたら、地縛霊なんてもんはなくなるだろーなー。残留思念もきれいにお掃除。
また、桃子の身に起きる現象も、「左耳の難聴」以外は様々で、これがマンネリ感を持たせずに読ませてくれたのかも。視覚・味覚・嗅覚・触覚、その時々で付随する現象は、そのときに一番強く感じられた感覚なのですが、訳もわからず付き合わされる桃子は、仕方なく、原因を探る羽目になります。
ただ、超常現象というとマユツバでオカルティックな展開と思われてしまうでしょう。きっかけはオカルトかもしれませんが、調査も解決も割と真っ当に行われています。
キャラクターは、もう一つベタな感じで、私としては面白みに欠けてました。社長は面白かったけど、ちょっとこっちは大げさすぎたかなー。あと、特殊清掃専門の会社、というわけでもありませんので、カバーの言葉はちょいと大げさ。
まあまあ、面白かったので、よしとしますか。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~ま行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<欲を言えば物足りないのです。 | HOME | 優しい終末>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。