こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

欲を言えば物足りないのです。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)
(2009/02/25)
中野 京子

商品詳細を見る

この作者は何度目かのご紹介。
歴史上の人物・・・女性の恋のお話です。
が・・・何冊かこの傾向の本を読んできたせいか、だんだん物足りなくなってきてしまいました。
うーん、・・・あらすじ的なものじゃなくって、もう少しがっちりしたものが読みたいかも。
複数の人のエピソードを掻い摘んで、という形式で書かれたものばかり読んでいるので、ぜひとも一人の人物の一生のエピソードを、がつんと掘り下げて欲しいものです。
それはともかく。
歴史上、猛女と呼ばれる女性達。彼女達は恋に非常にしたたかであったり、逆にオクテだったりします。だんなが歴史上の人物で、そういうダンナに振り回されたりする女性達。
エピソードでも面白いものは面白い、ってことですけどね。

ちょっと停滞中。マンガは読んでるんだけどねー。

友人Aさんが遊びに来てくれたので、もう一回グレンラガンを見に行ってしまいました・・・やっぱりアツイぜ!RDも続きを見せてもらいました。オススメ本をお貸ししました。
・・・で、やっぱり、本棚が必要です。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~や・ら・わ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<期待してなかったけど、面白かった | HOME | 続いてるの!?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。