こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

体調不良に乗じます~その2

恐怖箱 蟻地獄 (竹書房恐怖文庫) (竹書房文庫)恐怖箱 蟻地獄 (竹書房恐怖文庫) (竹書房文庫)
(2009/06/27)
原田空矢内倫吾

商品詳細を見る

あれ?なんで「高田公太」さんの名前が入ってないんだ・・・?
超ー1で発掘された、新たな「語り部」たちの紡ぐ、実話怪談です。
話の内容が非常に充実していて、やはりこのシリーズは鉄板。超ー1という登竜門を潜ってくるだけあります。もっともっとと要求する、怪談ジャンキーの無間地獄に、どんどん投入されてくる「生贄」というものかもしれませんけどね。

「ジッポ」・・・DV幽霊。
「×2」・・・ああ、そういうこと、ありますねー。ヘンに波長が合っちゃったりするわけだ。
「彼女」・・・彼女は守っているのか、追い詰めているのか。
「見る方法」・・・怖いから試しません。
「深夜、帰路」・・・あまりにも軽い調子で・・・
「通り魔的」・・・気になる・・・
「戌」・・・なんの印だったんでしょう?
「たげ強ぇ神様」・・・修行って、何の修行?獣だよね・・・
「守護霊を呼ぶ方法」・・・来たのは守護霊じゃないと思います。
「紅眼」・・・憑き物筋の香りもします。二重で怖い因縁だ・・・このヒト、結婚とかしてるのかな?
「愛犬連続」・・・愛犬ではないです。ガリってなんだ?
「狐三様」・・・個人的にはなつこい狐様が好き。
「土下座」・・・千手観音様は、どーせ乗っかるなら父に乗っかるべきだったんじゃ・・・
「抜け殻」・・・出来心でやることじゃない。コレもヒトを呪わば・・・ってやつですかね?
「三滝」・・・遊び半分で行くなっちゅーの!!
「帰還」・・・帰れてよかったね・・・彼らの犠牲の上で、今日があることを忘れてはいけません。
「膝付き」・・・亡くなったあとの事象・・・だったんでしょうか?
「食い逃げ」・・・うーん、めーわく。
「深夜、走行中」・・・ハンドル操作を誤ります。
「見えた人、見えなくなった人」・・・何かを象徴していたのでしょうか?
「罰土」・・・同情の余地無し。
「蟹音」・・・あー・・・音、似てるもんねー・・・
「記憶装置」・・・サイテーだな・・・
「出されたもの」・・・生きてますかね、その男。

今日は「超怖い話」とか買ってきました。(寝てるのに飽きた)
でも、今、有川浩さんのこっぱずかしい恋愛小説読んでます。・・・厄落とし?

明日から仕事です。・・・・・がんばろうという気力が湧かないぞ・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日常なのに非日常・・・キレイな恋愛 | HOME | 体調不良に乗じます~その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。