こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

怪談を嗜もう

大人の怪談 (角川oneテーマ21)大人の怪談 (角川oneテーマ21)
(2009/07/10)
木原 浩勝辛酸 なめ子

商品詳細を見る

怪談を愉しむのは「大人」です。
現代の趣味人は、怪談を愉しもうではありませんか。
というわけで、辛酸なめ子さんと木原浩勝氏の対談本です。
ファイル名にそれをつけただけで、パソコンクラッシュなんて、そんな恐ろしい!!なんて話とか、扶桑社版では「ナニかが起こった」という話とか、なかなか興味深い怪談です。
そして、男性と女性では、怪異に対するスタンスが違うもんだなー、というのも面白いです。
私は昨今はやりの「スピリチュアル」という言葉が大嫌いなのですが(だって結局のとこオカルトやん)、その言葉が流行るのもなんとなくわかるような気がします。まあ、受け入れやすい言葉の記号なわけだよね。
スピリチュアルというと、「〇ーラの泉」ですが、最初面白かったんだけど、出てくる芸能人の前世という前世が「貴族」だの「裕福なナントカ」だったりするのがどーにも解せなかったんで、見なくなっちゃいました。なめ子さんが庶民、とうい前世を語られて、前世が「哲学者」だった友人が上から目線になった、というエピソードを聞いて、「おお、なるほど!それが霊的格差というもんなんだな!」と納得するような所もあり。・・・ちなみに、同番組見なくなったのは、〇原氏が某有名人に生霊飛ばしてたヒトが亡くなっていた、というエピソードを聞いてて「よかったじゃないですか」と暴言を吐いたからですが。ヒトとして気持ちは解るけど、カウンセラーとしてどうよ。
木原氏が「霊障」という言葉を安易に使わない、という話も、なめ子さんは「霊障」で納得してしまえるような話も、受け入れる素地の差もあるようだなー、と思えます。「原因不明の漏電による火事」・・・って、たしかにそっちよりになってると、「原因不明ってことは霊障だね!」になるし、ちょっと冷静になってると、「原因って・・・だから漏電なんじゃ??」となるわけですね。なるほどなー。
対談ですが、話しながら体験談がちょこちょこ入っていて、怪談好きにはオイシイ感じ。木原氏、なめ子さんそれぞれの未発表怪談もあって、さらにオイシイです。なめ子さんのは・・・らしいなー、っていう話ですね。

ちょっと怖い話体験談読み続けてたら、なんか体調が戻らなくなってしまいました。・・・これを、「読んでいたからナニか寄ってきて体調が戻らないんだ」とするか、「読書に夢中で体調管理を怠っているからだ」と考えるかで、なんかスタンスわかるかも。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<隣にいるのはヤバいヒト? | HOME | 語られたい怪談、語られたくない怪談>>

この記事のコメント

お久しぶりです。
どんどんホラー系本レビューが増えていきますね。ほぼ専門といったカンジ?
よくもまあ、こんなにあって、よくもまあ、これだけ読んだねぇ。本棚がホラージャンルに関しては図書館を勝るんじゃないかと想像するだに怖いです。夜中に目にしたくないなあ、その本棚。
ラップ音がしたり、勝手に落ちてきたりしないですか?
2009-08-03 Mon 19:41 | URL | M.F #-[ 編集]
ご無沙汰してます。
勝手に落ちてきたりしないですが、勝手に崩れていたりはしますね。(^^;
ホラーばっかりじゃなくて、SFとかも読んで紹介したいんですが、いかんせん季節ガラ・・・実は読んでない本もいっぱいあって・・・
2009-08-04 Tue 20:34 | URL | こたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。