こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オンナノコたちはがんばっている!

妙なる技の乙女たち妙なる技の乙女たち
(2008/02)
小川 一水

商品詳細を見る

時は2050年、東アジアの海上都市、リンガ。
宇宙産業の拠点となったリンガには、額に汗して働くさまざまな女性たちがいた。
宇宙服デザインに挑む駆け出しデザイナー、港の小舟タクシーの「艇長」、
機械の腕をもつ彫刻家、巨大企業の末端で不満を抱えるOL・・・・・
自らの「技」を武器に、
熱く働く女たちを描くオムニバスストーリー。


「リンガ」っつー地名はわざとなんだろうなぁ・・・
なんつっても、ど真ん中に、軌道エレベーターなんつーご立派なもんがおったってるわけだし。
とゆー、おっさんくさいツッコミはこんなもんにして。
今より、ほんのちょっと未来。女性は社会にしっかり進出しています。
軌道エレベーターを有した為、宇宙開発の最先端都市となったリンガ。
登場する女性達の職業はさまざま。野心があったり、まったりしてたり、ハードボイルドだったり・・・でもって、彼女達は総じて、自分の仕事のプロなわけです。
ちょっと都合よく話が進んでたりするような気がする部分もあったりしますが(女性が前面に出てくることを好ましく思わない男性もたくさんいていいはずなんだが)、彼女達のお仕事に賭ける日々は続いていくわけですね。そこに女性ならではの視点やら意地やら価値観やらが加わって、あら、意外な切り替えしがあるものだな、と思わせられたりするわけです。
自分も職業もって、いっぱしに働いている身なので、がんばる彼女らが微笑ましくみえたりもします。まあ、先人としては、CANTECのCEO、マダム・アリッサ・ハービンジャーくらいの余裕を持って、見守っていきたいところです。・・・最後にオイシイとこもってったよなー・・・・

そんなにムチャクチャ難しいSF理論はありません。
かっこよく・・・時にはかっこ悪くジタバタしている彼女等の活躍を、読んでみて欲しいかな。
このヒトが書いた「フリーランチの時代」を積読にしている・・・もったいないから、読まなくちゃなぁ・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<聖地巡礼 ~2009.SUMMER | HOME | 蟲・・・って、一発変換してくれた。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。