こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一部、ノンフィクション?

星間商事株式会社社史編纂室星間商事株式会社社史編纂室
(2009/07/11)
三浦しをん

商品詳細を見る

本間課長は言った。
「社史編纂室でも、同人誌を作ろう!」
その真意はいかに?風雲急を告げる社史編纂室。
恋の行方と友情の行方は、五里霧中。
さらには、コミケで人気の幸代の小説も、混乱に混乱を!?


主人公、川田幸代はアラサー会社員で、俗に言う「腐女子」。
痛々しいほどリアルな、腐女子の日常。小説内小説の体裁で、幸代さんのBL小説(オヤヂ受け。年下攻め。ヘタレ。)が挿入されているんですが・・・コレがシャレにならない。ああ、通好み。「月間企画」に本買いにいっちゃうぞーーーっ!!っていうくらい。コミケはともかく、スーパーコミックシティまで赤裸々なのはどうなのか。
そして、腐女子がヲタクを続けていく上でぶち当たる「壁」までリアル。付き合うカレシにヲタクを隠していくか、カミングアウトしちゃうか。受け入れてくれてたらそれはそれで、別の悩みも出てきちゃう。しかも、ただ恋をし続けるには「結婚」という結論がちらつくアラサー。
はっきりいって・・・胸が痛い。
もちろん、赤裸々なヲタクの生態ばかりではありません。
幸代の勤めている会社、星間商事が高度経済成長期に行ってきた事は、一体なんだったのか。核心に近づくほど、何かが妨害してくる。そこまでして隠したい、星間商事の過去とはなんなのか?
どう考えても「窓際」部署、社史編纂室に配属されている社員達も、実はちょこっとずつ、事情があったりするのです。トボケた感じの本間課長は・・・深読みしすぎないほうがいいですよ。

で、きっと読んだら、「お願い、そっとしておいてください・・・」という同好の士が必ずいると信じてます。

野宮と松本の話、本気でどこかのBL本で出ないもんだろーか・・・(ただし、寸止め)

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<姪っ子、怪談デビュー!? | HOME | 聖地巡礼 ~2009.SUMMER>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。