こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

平山定食、てんこもり!!

ダイナーダイナー
(2009/10/23)
平山夢明

商品詳細を見る


わたしはある日、殺し屋専門の定食屋に抛りこまれた。
ほんの出来心で、奇妙なバイトを引き受けたばっかりに・・・・・。
本当に最悪な出来事っていうのは、なんの助走も前触れもなく起こる。
足元に空いた真っ黒い穴に、人は落ちるまで気づかないんだ。
わたしは落ちた。これからするのは、その奈落でのお話ーーーー。


平山夢明氏、待望の長編です。まさしく、待ってましたと喝采を送りたい作品。
読み始めて、自分が彼の文章に非常に飢えていたんだなぁ、としみじみ思いました。
なんかするする入っていく感じです。
異常な、万国人間ビックリショーのような、殺し屋の面々。彼らをあしらう、定食屋の主、ボンベロ。そして、一度、彼らの機嫌を損ねてしまったが最期、ワックス代わりに床に血と臓物ともろもろの汚物を、ぶちまけ飛び散らせることになるかもしれない、オオバカナコ。
ところが、この定食屋では、殺し屋達はとても素直に・・・なんてことはもちろん全然なくて、歪んで、狂ったままです。全身が継ぎ接ぎのような爆殺魔スキン、子供の姿の拷問魔キッド、そんなのがお客。ヤバイ仕事に手を出してしまったとはいえ、カナコが想像もしなかった世界の人々。
そして、カナコ自身は、思った以上に「変化」していきます。ボンベロも変わっていきます。
なによりも、そこかしこに平山流のエンターテインメントがてんこもりです。
グロい描写が苦手な方は、ご遠慮いただいたほうがいいかもしれませんが・・・とりあえず、「草食系だの、森ガールだのなんていってたら、行き残れやしないのさ、ベイビー!」と、中指おったてて宣言してしまいます。

楽しかった。

歯が急に痛くなって、歯医者に行ったら、「歯にタテにヒビが入ってるけど、硬いモノ食べた?」ときかれまして、「いやー、食べてないですよー」と返したら、「うーん、ストレス溜まって、夜中に歯軋りとかしてるのかなぁ・・・」と言われてしまいました。
首も痛いしな・・・

さて、ストレス解消の為に、本読もう。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<結局は見てたんだけど・・・ | HOME | その左腕は御仏の加護か>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。