こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

食いしん坊ってなんかいい

くいいじ 上巻くいいじ 上巻
(2009/11/26)
安野 モヨコ

商品詳細を見る

くいいじ 下巻くいいじ 下巻
(2009/11/26)
安野 モヨコ

商品詳細を見る

ご飯を食べるのが大好きだ。
この間、炊飯器がさくらごはんを道連れにおなくなりになってしまい、新しい炊飯器を買いました。
・・・お、おいしい・・・
ついつい食べ過ぎてしまいます。ひじきごはんも炊いたりなんかして、ご満悦です。
で、食べ物を扱っているエッセイなんかも大好きなわけです。
安野モヨコさんのマンガは読んだ事がないです。「働きマン」とか描いてるヒト。旦那様は「エ〇ァ」の庵野監督だったはず。
作者の知識はその程度だったわけですが、あまりにも「バッチリな」タイトルに思わず購入。
案外と、きちんとした文章で驚きました。あら、面白い。
ほんのちょっとしたこだわりとか、失敗とかがさりげない感じです。
特に、冷蔵庫や冷凍庫の中に溜め込まれて忘れられた食材の話とかは「あるある!」とくすりとさせられました。
ただ、こういう食べ物系のエッセイは、読んでるとおなかが空くんだよね・・・
大好きな鮭とばをかじりながら読みました。…いま、歯の治療中であんまし食べられないんだけどね…
だからといって、マンガを読む気にはならなかったんですが(笑)。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スニーカー文庫って、ラノベだったよ。 | HOME | 獣医になりたかった時もあった・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。