こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やってみたいけど、相手がいな~い

クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえあんてぃーく (ログインテーブルトークRPGシリーズ)クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえあんてぃーく (ログインテーブルトークRPGシリーズ)
(2009/12/12)
内山靖二郎

商品詳細を見る

コミケまえに読み終わったので。しかし、久々の読書レビューですね。
クトゥルフ神話TRPGリプレイ・・・TRPGは懐かしいなー。昔、月に1回、TRPGの集会に通ってたことがあります。当時はソードワールドとかブルーフォレストとかのファンタジーが好きだったなぁ。・・・キャラクターメイキングでポカやって、異常にLUCKの低いシーフ作ったりとかしてました。
ちょっと足が遠のいた頃に、本屋で「クトゥルフの呼び声」というルールブックを見て「うわ、発狂とかって・・・どんな風にゲームメイクするんだろう、このマスターって・・・」と驚いたのを思い出します。
で、そんなクトゥルフ神話をモチーフにした、TRPGのリプレイ・・・どんな悲惨な話になるのやら、と思ってみれば・・・
あら、皆さん、お気楽ごくらく~ぅ。
モチロン、モチーフがクトゥルフなんで、しっかりイヤ気なカミサマやら眷属やら出てきます。で、そいつらに関わりあうたびに正気度がちびっとずつ(あるいはどばっと)下がっていきます。んで、発狂すると、ゲームから離脱するハメに・・・
こんなオニな感じのゲームですが、探索者たちは、そんな状況も楽しんでしまうのです。
ただ、ウチワ受けみたいなところもあるにはあるので、読むというよりは彼らのプレイをギャラリーとして眺めている感じで楽しんでもらえるといいと思います。
また、ちょっとしたアドバイスとか、ウンチクなんかもあるので、クトゥルフTRPGのゲームキーパーをやってみたいなぁ、というマスターさんにももってこいかもしれません。
ひさしぶりにTRPGやってみたくなってしまいますが、いかんせん、お仲間がいません。残念。
でも、キャラクターメイクしたら、なんか正気度低いくせに、野次馬なキャラクター作っちゃいそうだなぁ。「好奇心、猫を殺す」ってか。

今年、第一弾がコレですよ。これからの本読みライフも大体傾向がわかりそうですが、今年もよろしくお付き合いくださいませ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~や・ら・わ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<年納めの怖い話 | HOME | さらば、2009>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。