こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

読む楽しみの手助けに

土曜日から3日間、友人Aさんが遊びに来てくれてました。
相変わらずのダラダラ・ぐだぐだの巣篭もりでしたが、楽しんでいただけたんでしょうか。
あ、でも、今回は大阪のコミックシティに遊びに行ったので、全くの巣篭もりではなかったですけどね。
・・・凄い人手でした。その中で、懐かしい友人、Mちゃんに久しぶりに、しかも偶然会うことが出来ました。不義理しててゴメンよ。会えてすごく嬉しかったよ。

そんな中で本を読んでいたわけですが、今回は、こんな本。
「王様のブランチ」のブックガイド200 (小学館101新書)「王様のブランチ」のブックガイド200 (小学館101新書)
(2009/06/01)
松田 哲夫

商品詳細を見る

結構、書評なんかが好きなので、読んで参考にしたりします。残念ながら「王様のブランチ」は見たことないのですが、よくオビとかポップで「王様のブランチ」で絶賛!!とかいうのとか見てたので、どーゆー本を紹介してたりするんだろうな、と興味があったので、読んでみました。
私の守備範囲外だったので、全く見かけていなかったような本が紹介されていたりするので、そこも面白かったんですが、「どういうアプローチをしたら、その本に興味をもってもらえるのか」という事を考えながら話を持っていこうとしている様子がわかって、そこも面白かったです。確かに、不特定多数の人たちに単純に「面白いですよー」とかいっても通じないし、だからといってネタバレしちゃったら意味がないワケだし。さらに、その時々に応じて、ウケるジャンルも違うし、だからと言ってジャンルが偏ってもいけないし。
で、読みやすかったですが、ネタバレもしてないので、初めてお目にかかる作品で、興味をひかれたものがたくさんありました。付箋をいっぱいつけることができる楽しさ。
最後に作家別リストが載っているのもよかったです。欲をいえば、ブランチBOOK大賞もリストアップしてあると良かったかな。
ちなみに、この書評も面白いですよ。
正直書評。正直書評。
(2008/10)
豊崎 由美

商品詳細を見る

作品の評を「金」「銀」「鉄」に分けて評価してます。世間が絶賛した作品でも、ケチョンケチョンになってたりしますんで。自分の好きな作家が「金」とか「銀」だとまだ嬉しいですけどね。私として渡辺某とか石原某なんかが「鉄」の評価でケチョンケチョンになってるのを見て、胸がすくような思いをいたしました。

休み前に「しおづけ手帖」を読み終わったんですが、本が腐海に埋もれてしまったので、感想がUpできてません。こちらは後日。
あと、恩田陸「わたしの家では何もおこらない」も読み終わりましたので、こちらも後日感想Upいたします。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<幽霊屋敷の記憶 | HOME | 予想は当たってましたが>>

この記事のコメント

充実した週末だったようで羨ましいです。しかし、色々活動しているのに、本も大量に読んでいらっしゃる。その時間捻出はどこから・・・?(あ、ワタクシの時間は猫様に食われておりましたっけ。もうじき本身も食われそうです。)この歳になって、10時頃には寝かしつけられます。(猫に)本も読ませてもらえません。・・・今も横でじーっと見ている・・・
それに慣れつつある身体が怖いです。
2010-01-12 Tue 22:08 | URL | ふー #-[ 編集]
えへへ、でも、読むの遅いんですよね。
今、時期はずれの正月休みを満喫しておりますので、読む時間を捻出中です。
今月末には、楽しみなゲームが出るので、また読むのが遅くなりそうです。

ねこ、いいなぁ・・・
2010-01-12 Tue 22:15 | URL | こたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。