こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もうちょっと、続きが読みたいかな

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

メディアワークス文庫、創刊のラインナップのうちの1冊。
まだ、「フリーター、家を買う」が積読になっているというのに…まあいいや。

とある小劇団「シアターフラッグ」---ファンも多い劇団だが、現在は解散の危機が迫っていた……お金がないのだ!!その負債額300万円!
劇団員も減り解散の危機に悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。兄に借金をして劇団は助かったが、司は巧達に「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。出来ない場合は劇団を潰せ」という「シアターフラッグ」には厳しい条件を出した。
新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員が10名に。そこへ鉄血宰相・春川司を迎え入れ、巧は新たな「シアターフラッグ」を旗揚げるが…。果たして彼らの未来は…!?


中学・高校と演劇部で、「役者もいいなぁ」なんて思ったことがあるので、とても面白く読めました。
なんといっても、春川兄弟の対比はありがちながらも面白い。
兄・司は現実主義者。弟・巧は劇団主宰なんてやってて、常識人からみたらかなり危なっかしい。巧は甘え上手ですが、司は甘えられてしまう立場。そして、どちらも、自分にないものを相手が持っていることを良く知ってます。
もう、兄のお兄ちゃん体質と弟の甘えっこ体質が極端で。
兄は、現実・常識の範疇での妥協やなあなあを許さないし、弟は自分の作る芝居を心底大切にしています。
さすがに、現実に生きる私には、ちょっと弟君はうざったかったんですけどね。
声優だけど、芝居は始めての羽田千歳が、シアターフラッグに入ることで、シアターフラッグは変わります。しかし、千歳は彼女なりに「自分の価値」について悩んでいます。
演劇でお金を稼ぐこと。つまりは一瞬で消えてしまう娯楽のために、観衆に「金」を出させる事。そして、ソレを「無駄だ」と感じさせないこと。
どこかで「夢のためなんだから、オカネなんて関係ないよ」と嘯いて、オカネも含めて現実から目を背けてしまうのは簡単です。しかし、司はそんな言い訳に逃げ込む事をゆるさない。
ただね、後書きでも「こいつ動かねー」と評された巧の成長が…見えない。芝居を一生懸命作っているのはわかるけど、それはシアターフラッグ分裂以前から。千歳の出現で、芝居の登場人物を減らし、結果分裂を招いたのは、彼が演劇を作るものとして上を目指したからだろうが…それ以上が今ひとつみえず。ずっと「兄ちゃん」に、「仲間」におんぶされているような気がするのはどういうことだ?
ちょっと置いてかれちゃったんかな、弟ちゃん。
で、せっかくなんで、できればもっと弟・巧が成長するような「続編」が読んでみたいかな。

なんかいろいろ購入して読んでます。・・・あいかわらずだねー。
「ほしのこえ」を読み終わりましたので、近々Up予定。
今は「エクシズ・フォルス」やりながら「メガロマニア」(恩田陸)を読んでいます。
「またたび潔子の猫魂」と有川浩(またかよ)の「キケン」を買ってきました。怖い話は休憩中。

大好きなゲームの3作目が何故かPS3(持ってない)で出ると知って、結構哀しかった…またデータコンバートできないのか…

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<こんな遠距離恋愛 | HOME | シリーズ化、できるの?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。