こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どこまでも

「超」怖い話Π(パイ) (竹書房文庫)「超」怖い話Π(パイ) (竹書房文庫)
(2010/01/30)
加藤 一

商品詳細を見る

どこまで「怖い話」は続くんでしょうか。
通巻28巻目の「怖い話」です。相変わらずのクオリティ。
表紙カバーには般若心経がコラージュされていますが、どういうわけだか「不浄」の文字が一番最初に目に入ってしまいました。…うん、不浄も已む無し。私ら怪談ジャンキーの妄念とかまで含めて誕生してくるワケですからね。
では、一口メモ。

「そらにおとしもの」…神さまの閻魔帳だったりして。
「試用期間」…そのためですか。という事は脱落者も…
「癒された」…吸血鬼ならぬ吸精鬼ですね。
「スーパー銭湯」…最初から解ってたら来ないわけだし。
「ざらり・さらり」…後々までもあとを引く。
「とある観光地の滝の前で」…こんな理由で失われていく心霊画像もあるのかも。
「スーパーボール」…紛れ込ませないで下さい。
「ブラインド」…なに?
「寝込み」…確かに…眠れないよね。
「慰める奴」…女性の部屋なのでご遠慮下さい。
「未練」…よっぽど分かれたかったんだろうな、元カノ。
「ヨーコとコージ」…どっちもどっちだけど、体験者の無関心ぶりのほうが怖い。
「癖」…本当に、語っただけのことしかなかったのか、と邪推してしまいます。
「ご一行」…小さいおっさん、王様バージョン。
「ぎゃは」…何が楽しいのか
「みしゅるべす」…まだ、続いているようですけど?
「語らない理由」…見張られてますね
「気付かない」…バチが当たったね。ヤクザな不動明王とか想像しちゃいました。
「アイスバーン」…ぬりかべっぽいですね。若干強盗っぽいけど。
「オービスのアレ」…自転車で逝く。
「イナチュウ」…生霊?
「派閥」…死んでも…
「あなたのことがキライです」…嫌われているのは?
「太郎丸」…課せられた使命に犬たちは殉じているのでしょうか。
「有り難迷惑」…いらんもんを押し付けるから…
「イベントホール」…居場所がなくなったら、迷わず逝ってね。
「バッキング」…何が邪魔をしたのか。
「流れ作業」…まだ憑かれているようで。
「バイト二題」…お札のあとって…
「饂飩供養」…確かに食べれなくなる…
「琥珀道標」…導かれて
「離散家族」…そうして、くり返される。
「黒禍」…八年たちました。…このあとどうなるのでしょうね。

来月のラインナップも楽しみです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ダ・ヴィンチ文学賞大賞だそうです | HOME | 医療のあり方を考えろ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。