こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

猫と犬でも夫婦の絆

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る


かのこちゃんは小学1年生の元気な女の子。
マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。
その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議な驚きに充ち満ちている。


えー、マドレーヌ夫人の話す「外国語」とは、「犬」の言葉です。マドレーヌ夫人は、夫・玄三郎(犬)の言葉だけはわかるのです。
小学1年生・かのこちゃんの体験する出会いと別れ。
マドレーヌ夫人の体験する出会いと別れ。
かのこちゃんがすずちゃんと育む友情も、マドレーヌ夫人が玄三郎と育んでいた愛情も、とても美しく、胸に迫ってきます。
特に、マドレーヌ夫人が玄三郎を、玄三郎がマドレーヌ夫人を、互いにとても温かく想いあっているのが、するりと描かれていて、ラスト、不覚にも泣いてしまいました。夫人が玄三郎と添いあったのは、たった1年。その間に、なんともしっとりした、とても羨ましいような関係が築き上げられています。種族も違う、二人の気持ちが通じたからこそ、言葉も通じているような気がします。
うう、悔しいけど、いい話でした。
ところで、お父さんってヒト、もしかして、「鹿男あをによし」のヒトですか?
「プリンセス・トヨトミ」を積読にしてますが、こっちも面白いのかしらん?

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:1 | トラックバック:1 |
<<スピンオフ、ってヤツですね。 | HOME | ダ・ヴィンチ文学賞大賞だそうです>>

この記事のコメント

本当に面白くあっという間に読んでしまいました。
可愛いお話で、心地よかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
2013-05-24 Fri 16:50 | URL | 藍色 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。書き下ろし長編小説。 かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫 …
2013-05-24 Fri 16:04 粋な提案
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。