こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スピンオフ、ってヤツですね。

V.T.R. (講談社ノベルス)V.T.R. (講談社ノベルス)
(2010/02/05)
辻村 深月

商品詳細を見る


怠惰な生活を送るティーのもとに、三年前に別れた恋人、極上の美女アールからかかってきた一本の電話。
「アタシの酷い噂話や嘘をたくさん聞くことになると思う。ティーにだけは知っておいて欲しいと思って。アタシは変わっていない」
街に出たティーが友人たちから聞くアールの姿は、まるで別人のように痛々しく、荒んだものだったーーー。
彼女が自らを貶め、危険を恐れずに求めたものとは・・・・・・?


辻村深月さんが、自作「スロウハイツの神様」で登場させた作家、「チヨダ・コーキ」の作品、という形で出た本。いわゆるスピンオフ作品です。表紙カバーは両面で、裏は赤い背景で上がアールになっています。こっちの青い背景だと、アールは下にいるんですが、あんまりわかりませんですね。
主人公・ティーはいわゆる「ヒモ」。この世界で、1000人だけに許された殺人許可証を持つ「マーダー」でありながら、最近はめっきり仕事なんてしていない。
そんなティーの所へ、別れた恋人で、同じ「マーダー」のアールから、電話がかかってきて、物語が始まります。
三年ぶりに、友人達から語られるアールの状況をさぐっていくかたちで、物語は語られていきます。
出てくる登場人物は、全て心や身体に深いキズを負っています。ほとんどの人物に関わってくる「トランス・ハイ」という伝説の「マーダー」。話は徐々に、加速をつけて、一つにまとまっていきます。
そして、友人たちがティーに示す思い。それでも、アールは言うのです。ティーのことを良く知っている、優しく、とびきりのいいオンナ、アール。
  一人ぼっちにならないで。アタシはあなたを愛してる。
「好き」とか。「愛してる」とかいう言葉がぽんぽん出てくるわりに、このアールの一言が、ひどく重いのです。
読み口は軽くて、するっと読めます。
重箱の隅をつついて申し訳ないですが、シリンダーから空薬きょう抜いて、補充もしないで保管する、というのは銃好きならあんまりないようにも思ったんですが。フルオートならアリかな、とか思うけどな・・・

さて、3月から職場異動になりました。
中央放射線部、というところです。心臓カテーテルとか、血管造影とかやってるとこ。
また新しいコトを覚えなくちゃいけないので、大変です。
上司が変わるのが救いかな。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:4 | トラックバック:1 |
<<彼女は数えない | HOME | 猫と犬でも夫婦の絆>>

この記事のコメント

こんばんは~あたしもコレ買いました。
ちょっと辻村作品っぽくないので、なかなか読み進められません。(まーチヨダコーキだから(笑)
つか、最近本読んでません;
ツンドクツンドク…それで満足;
小川作品がたまってます;

職場内異動おめでとう…ですか?
私もパートさん入ってちょっと楽になりそうです。
お互い良かった良かったv

2010-02-14 Sun 22:54 | URL | わか #-[ 編集]
こんばんわー。
私は、辻村作品まだあんまし読んでないので、違いがイマイチわかりませんでした。うむ、修業が足りませんな(^^)

ツンドク溜めちゃうと私みたいになりますよー(^^;

職場内異動、オメデトウと言ってくださいな。
ちょっとはストレス減るといいんですけど。
2010-02-14 Sun 23:17 | URL | ひだまりこたつ #-[ 編集]
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
2011-02-25 Fri 17:31 | URL | 藍色 #-[ 編集]
トラックバックありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。
2011-02-26 Sat 21:07 | URL | ひだまりこたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

怠惰な生活を送るティーのもとに、三年前に別れた恋人、極上の美女アールからかかってきた一本の電話。「アタシの酷い噂話や嘘をたくさん聞くことになると思う。ティーにだけは知っておいて欲しいと思って。ア... …
2011-02-25 Fri 17:05 粋な提案
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。