こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

解決してません

幻人ダンテ (講談社ノベルス)幻人ダンテ (講談社ノベルス)
(2010/02/05)
三田 誠

商品詳細を見る

カバーデザインが、ペルソナだったせいで・・・・!!!!
すみません、またしてもジャケ買い。
2話までは面白かったんですが・・・
最近、「びっくり人間大集合」的な話を読み飽きているのもあるのかもしれません。
ある程度は、変わったところとかがあって、現実から乖離していないと、小説のキャラとしては面白くないのかもね、とは思うのですが、なにせ、西尾維新なんぞを読んでいると、そのテのキャラ立ちしているものが多くてねぇ。
また、基準となっている「薔薇城事件」とかいうのが全く語られず。・・・なんか、こういう手法を以前もどっかで見たぞ。作者はどこかで書いているんでしょうか、その話を。
この、正体がよくわからない事件に関わった人物たちの後日談、みたいになってます。
が、全体に消化不良な感じでした。
しかも、なんとなく話、終わってないみたいだし・・・

講談社ノベルズは、以前書いた「V.T.R.」みたいに人気イラストレーター(漫画家?)と作家のコラボ、ということで、こんな感じの配本がラインナップされているのですが、どうなんだろう・・・?私のようにジャケ買いするのを狙っているんだろうか?新しい発見をするか、がっかりするか、えらく賭けっぽくなっちゃうなぁ。

「怪談実話系3」読み始めました。うふふ。
やっぱりおもしろいですな。
次は控えているので、読みまくりです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<実は、実話です。(古い) | HOME | 未回収の伏線が気になる・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。