こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ツンデレ×ダメンズにみえたよ・・・

映画「シャーロック・ホームズ」を観にいってきました。

小さい頃に「まだらの紐」を読んだのが、ホームズに接した最初でありました。ホームズとワトソンという組み合わせはなんとなく、こう、ワンセットではあったんですが・・・最近はすっかりホームズとはご無沙汰。
いやぁ、今読んだら全然違う楽しみ方ができたようですね。なんというか、「腐」女子的に。

本当に、「腐」女子的に楽しめる映画でしたよ。
ちょっと書いてみました。・・・うまく書けないけど。

ホームズ

感想は、ネタバレ・「腐」要素混じりそうなんでたたみます。
はい、とにかく、ホームズがダメダメ。いろいろダメなヒトなんです。
婚約して、「これが二人でやる最後の事件だ」というワトソンに、拗ねてしまっている(ようにしか見えない)ホームズ氏。作中も、何度も「私達の事件だ」と言っては、つれなくワトソンに「キミの、だ」とか言われちゃってます。そのたびに、しょうがないな、という顔はするくせに、何度も同じことを言ってくれます。ドMです。
で、ワトソン。このヒトが、また、ホームズに対してはドS。ホームズが、「くれるっていっただろ!?」とかいうベストを馬車から捨てて、ふふん、て顔するし(「腐」フィルターかかってます)。そのくせ、ホームズに付き合っちゃうあたり、「このヒト、ツンデレなんじゃ・・・!?」と観ている腐女子はドッキドキです。
ワトソンに対しては「かまってかまって」な要素全開なホームズといい、ホームズに対して「別に、心配なんかしてない!」的なワトソンといい、おいしすぎますね。ツンデレとダメンズの組み合わせ。
どっちにも女性がちゃんと絡んでいるのに、腐的には全然問題なしです。(まるっと無視できます)
で、この二人、結構武闘派です。論理で相手を追い詰めるのではなく、案外、ぶん殴ってぶん殴っての殴りこみっぷりに感心しきり。ちょっと意外な武闘派ホームズ。幼少の頃読んでた本のおかげで、知的な部分が強いように感じてましたが、そーいや、モリアーティ教授と掴みあって滝に落ちたような人だったよね・・・。さらに意外なのが武闘派ワトソン。確かに退役軍人だったけど、あくまで軍医だと思ってましたよ。いろんなイメージで、メタボなおっさんだと思ってましたしね。

あの、灰色の街ロンドンがよく表現されてたりして、映像もいい感じです。もっとテムズ河は汚くてもよかったけど。
ホームズが尾行しながら、すすーっと変装していくシーンも好き。
ただ、青酸ガスは・・・あんな方法では避けられないと思います。解毒剤を予め飲む、というのもやや苦しかったかな。あと、最後の方、ワトソンがケガしてたのが忘れられてるっぽかったのも惜しい。そこでかばったりするとこが観たかったヲタメ心。

最後にあのヒトが語られたので、続編あるかもしれませんね。・・・したら、ミツドモエか。くすくす。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

映画~洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小ネタ多し。このまま続ける・・・の? | HOME | イギリス・ゴシックホラーへのオマージュ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。