こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

名作に触れるラノベ

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る

アニメ映画化ということで、店頭平積みになってました。
前からちょっと気になっていたので、読んでみました。

主人公は心葉くん(♂)。高校生ですが、中学時代に「天才美少女作家現る!」と騒がれた、とうい過去をもっています。そんな彼は部員2名の文芸部に所属。たった一人の先輩である遠子先輩は、文章を「食べちゃう」くらい愛してます。そんな文芸部に、とある依頼が舞い込んで…

太宰治「人間失格」を基軸にした学園ミステリーです。
とにかく、遠子先輩がかわいいです。名作を味わってそのおいしさのあまり薀蓄を垂れる先輩、「へんな味だよう」と泣きながら文章を食べてる先輩。
か、かわいい…!!
ただ、なかなかに救いの無いラストではあったかな、とは思います。
シリーズものなので、心葉クンのトラウマとかについてはまだまだ引きになっています。結構楽しんで読んでしまいました。中・高校生くらいの子に読んでもらって、先輩がこんなにも熱く語る太宰治に興味を持ってもらって、一作でもよんでもらえたらなぁ、とも思います。・・・でも、ゴメンナサイ。私の中の太宰治像はやっぱり「暗くてうっとうしい、側にいたらぶっ叩きたくなるような優男」のまんまです・・・

続きを読もうと思っています。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<不思議にするのは人間の心です。 | HOME | うはー。ヲトメ系でしたー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。