こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やっぱり「ベスト」でしょう

「超」怖い話ベストセレクション 腐肉 (竹書房文庫)「超」怖い話ベストセレクション 腐肉 (竹書房文庫)
(2010/04/26)
平山 夢明

商品詳細を見る

やっぱり平山怪談はいいなぁ…
腐汁がしたたり、肉が爆ぜ、訳の解らぬ恨みがとろとろと纏わり憑く感じがなんともいえません。
久しぶりに、こんなにも怖いと思わせてくれて、よくもアリガトウ、といいたいです。
新作も嬉しい。…「超怖」引退、取り消してくんないかしらん?
しかし、こんなに怖い話なのに、覚えていない…または、忘れていた話がけっこーあることに我ながらちょっとびっくり。
刺激的な怪談が多いので、スプラッタ・ホラーが苦手なヒトにはあんまり薦められないかも。…とかいいつつ、自分もスプラッタ・ホラー苦手なんでした。

「雨だれの部屋」…新作。なんか一筋縄では終わってません。
「林檎」…新作。理由さえも忘れられた恨みだけが残っている。
「移動」…新作。天狗と旅にでも出ているんでしょうか?
「ネックレス」…そりゃあ、厭なもん溜め込んでいるでしょう。
「厭な店」…絶対行きたくないですが…潰れていないほうが怖いかも。
「グランドスラム」…ハメをはずしすぎましたね…
「予約席」…この話は結構スキ。なんともいえない、東欧系の暗さ。
「マッサージ」…私、肩・腰痛むんでよくマッサージしてもらってますが、ご迷惑かけてたらどうしましょう?あ、運動して痩せればよくなりますか?
「後悔」…親友だから…かも。
「約束」…サザエオニ?
「踏切がなくなって」…それでも犠牲を求めている。
「箸」…今でも息づいているんでしょうか?その方法…?
「植物園」…モッテイカレタ。
「生熊」…昔からのタブーは守らなくちゃ。山の神さんは女も多いそうですし。
「とばっちり」…迷惑な話。
「心のこり」…マトモな精神が犠牲になったのかも…
「刀」…世の平安なんて、わからないでしょうしねぇ。
「邂逅」…赤ちゃんにはわかったのかも。
「T.S.」…ファーストクラスにはないのかしら?移ったシートがまたT.S.だったりしたら…
「霧」…何が二人を分けたのか。
「電柱」…死ぬときも、死んでからも、駄目なヤツ。
「飴鬼灯」…魅入られた。
「天の川」…命の煌き。天に昇って…
「土いじり」…これも一種の呪術でしょう。代償は払わねばなりません。
「泥竹」…ヒトの欲につけこんでます。
「鼠撒き」…因果応報。
「禁忌」…おじいちゃんは逝けたんでしょうか?
「性根」…そこまで…

次は、まだちょっと迷ってます。どれ読もうかな。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<共感できない感覚 | HOME | 不思議にするのは人間の心です。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。