こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

共感できない感覚

キョウカンカク (講談社ノベルス)キョウカンカク (講談社ノベルス)
(2010/02/05)
天祢 涼

商品詳細を見る

迷ってたので、コレを読んでみることにしました。積読本を片付けるキャンペーンの一環。しかし、読む以上のスピードと量で買い込んでしまうので、全く積読が減らない。

女性を殺し、焼却する猟奇犯罪が続く地方都市ーーー。
幼なじみを殺され、後追い自殺を図った高校生・甘弥山紫郎は、「共感覚」を持つ美少女探偵・音宮美夜と出会い、ともに捜査に乗り出した。
少女の特殊能力で、殺人鬼を追い詰められるのか?
二人を待ち受ける「凶感覚」の世界とは?


第43回メフィスト賞受賞作・・・ということで。
「共感覚」というのは、例えば声を聞いた時に、普通は聴覚だけが刺激されるのですが、同時に複数…視覚とかも刺激されるので、音に色がついている、としか表現できないようなことになってしまう感覚の事をいうようです。たしか、フランスの詩人で、そんなような詩を残しているヒトがいたようですが…忘れちゃったな。
で、探偵・音宮美夜も、そんな共感覚の持ち主なんですが、音で視覚が刺激されるタイプ…なんて、一筋縄ではいきません。
ただ、どうにも最近の探偵さんは「異能」を持っていることが必須条件なんかい!とでもいいたくなってしまうような昨今のミフィスト事情。まあ、本の性質上、やむをえないかもしれないんですけどね。
そして、この相方に収まる山紫郎少年が、まあ、とにかく青臭くて・・・!!世界中の不幸が一身に集まったかのような自殺未遂とか、青くっさい計算とか、利己主義的なところとか、このくらいのお年頃のオトコノコなんだから大目に見てやって、という範囲を越えていて、多分、自分の周りにいたら「ウザくてキモい」タイプだなー、とか思ってしまいます。
もーちょっと素直なら、かわいく思えたのかもしれませんが。
あ、探偵がでてきますが、ミステリなんかじゃないです。犯行動機も納得いかなかったし。精神鑑定なんかアテにならないって、最初からわかってるのになー。
やっぱり続きモノを意識しているのか、実夜の過去とか、矢萩との関係とか、いろいろと謎が残ってます。
山紫郎少年が、二度と出てこないなら、続編が出たら読めるかもしれません。
もうちょっと、メフィスト賞も作品を選んで欲しいところ。新人発掘も楽ではないということでしょうか。


「ほんとうは怖い沖縄」を読んでます。もうちょっとで読み終わります。「怪談社」もぼちぼち出るはずだから、楽しみ。

そういえば、昨夜、寝ようと思って自室に入ったら、でっかい蛾?が、ばっつんばっつん電燈にぶち当たってて、声も出ないほど驚いた。虫が大キライなんですよ。しかも、うち、マンションの8F。いったい何処から入ってきやがったんだか・・・(まだドーヨー気味)。キンチョールで退治したはずですが、死体が確認できないんです。本の間に埋もれてしまって・・・。掃除して見つけたら、また「ぎゃーっっ」ってなるような気がします。ていうか、絶対になります!!
・・・ほんとうにあった、(私だけ)怖い話です・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<沖縄・不思議アイランド | HOME | やっぱり「ベスト」でしょう>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。