こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

狂気再確認

書き下ろしなんて、くぅっ、卑怯な手を・・・
でも、読んじゃった。

いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫)いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫)
(2010/06/10)
平山 夢明

商品詳細を見る


最初は書き下ろしだけ読んだんですが、結局、全編読み直しました。
実話怪談より覚えている話が多いのは、こういう「実社会の狂気」を書いた作品が他になかったからでしょうか?
しかし、相変わらず、気が狂っているなぁ。

きりがないので、書き下ろしの分の感想だけ。

「やあ、カタオカ!」…狙っていたんでしょうか?待ち伏せ?
「ちゅうちゅうして」…びょうきなのは、心の方のような気もします。
「ゼロ」…身体の傷は消えても、ね。

他にも、「セメントいきます」「自作ビデオ」「いたずら」「くちゃくちゃちゃん」「きりとる線」「みっくちゅじゅうちゅ」「3890円」「だんだん少なくなっていく」は、痛みの感覚、恐怖の感覚が肌を粟立たせてくれます。
読むとしばらく、階下や天井の物音が気になるようになりますよ。

でも、ファンとしては、そろそろ小出しの書き下ろしまだけど、「DINNER」みたく中・長編が読みたいです。

週末に、奈良に遊びに行ってきます。せ〇とくんはややキモチワルイけど、仏像を沢山みれるといいなぁ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旅行から帰宅しましたが・・・ | HOME | メイドさんは、実は・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。