こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

視えても感じても

あ~~つ~~い~~っっ!!
猛暑というか、いきなり猛暑になってしまって、身体がついてきません。
でも、怪談日和じゃございませんか!!…とか言ってても、更新ちょっとさぼってました。

夢の中の少女―ひとり百物語怪談実話集 (幽BOOKS)夢の中の少女―ひとり百物語怪談実話集 (幽BOOKS)
(2010/07)
立原 透耶

商品詳細を見る

視える・感じるヒトである筆者のであった、聞いた怖い話です。しかし、筆者、うかつ。
関連の都合で前作参照の注釈があるのが、親切といえば親切ですが、ちょっと話の腰を折ってしまっているような気もします。前作への興味をそそるんだったら、もっと思わせぶりな感じにしてもいいのかな、とか思ってしまいますが、それだと「封印怪談」シリーズみたいになっちゃうしなぁ。

「おーい」…人違いって、あるんですね。
「誘い」…うーん、やっぱりあっちからのお誘いなわけですし…
「”ひとり百物語”に関わる話」…前作製作秘話。表紙の袋とじにも意味があります。
「オーブ」…ゴミとかホコリとかでは説明がつきませんでした。
「羽虫」…解決したのかどうかがわかりませんが…物理攻撃だって有効です。
「食堂」…ドッペルが出た!!
「仏壇」…ご加護は等価交換?
「中古車」…猫は何?
「嫉妬の根」…アクセの趣味が変わったら、カレシは物理的に引くかもしれませんけどね。
「音楽が嫌い」…好みの曲をかけてしまうと、寄って来るってことですか??
「オーラ」…最後の話が怖いです。なんか、オバサンが怪しすぎる…
「怪異を語れば」…言葉の壁はあっても、「怖い話をしている」ことは通じてます。
「ぐるぐる」…気合が大切。
「ぱたん、ぱたん」…センサー感度良好です。
「伝えておいてや」…しっかりモノです。
「停まったらあかん」…ヒトではないモノが乗ってくる。
「金太郎」…なんか化かされたっぽい。
「墓場の僧侶」…今でもカーテンの向こうで…
「留守録」…気になります。
「合コンの彼女」…いきなりカミングアウト。
「会いたいな」…きちんとした人でよかった。
「紫煙」…タバコの煙の幽霊かも。
「心当たり」…怒られるようなことがあったんですね。
「あっちへ行け」「ベランダ」…言われたとおりにしました。
「グアムの夜」…現代の事情だと、軍人さんも大変。
「三百五十二円」「予告」…律儀。
「古道具」…まだまだ、気持ちが残っていたんですね。
「阪神高速」…都市伝説?でも、目撃者あり。
「サークル室」…仲間入り希望。
「留学生楼」…淋しいままなんでしょうか?
「窓拭き」…まだ仕事をしています。
「戦争の記憶」…日本の都市は、あらゆる所が焦土と化した記憶を持っているはずなんですけどね。友人が、呉の海自資料館のある部屋の床がずっとゆれていた、とも言ってました。
「相性の悪い土地」…体調にでないとわからないかも。
「ロンドン・タワー」…止められていたのかもしれません。
「集まる」…実力派が揃うと違います。
「偶然」…避けられることなので、避けてください。
「姉をよろしく」…これも一つの虫の知らせ。
「肉を食え」…まあ、考え方ですね。
「白い虫」…幻覚といってしまえばそれまでかな。
「クマ模様のパジャマ」…ブタさんとの因果関係は、それでもわかりません。
「赤い目」「耳鳴り」「骨折」…だんだん酷くなってきてます。
「駅前」…おいてきぼりを嘆いているんでしょうか?
「いたくない」…ウチにはいてくれないよなー。
「外科病棟のベッド」…ベッドなんて使いまわしですからね。
「読んだことがある」…うわぁ。
「その子はだあれ」「まだ入ってはいない」…くれぐれも、招きいれないように。
「天河神社」…縁付きました。
「本物だ」…悔しかったから、自己主張。
「みぃーちゅけたー」…みつけたのか、みつけられたのか。
「二人と一緒」…一緒に、成長していく。
「三ケース」…コビトさんのおかげかも。
「おまえが殺した」…少しでも、傷を残したかったんでしょうけど。
「無垢なる存在」…わかるみたいです。
「神猫」「生まれ変わり」「絆」…猫好き・犬好きには沁みる話。
「夢の中の少女」…タイトルロールなんですが、インパクトはもう一つ…
「怪異を書けば」…でも、もう楽しみにしている読者もいることですし。

気に入った話だけピックアップするつもりだったんですが、なんかずらずらと書いてしまいました。

「新耳袋殴り込み Book1」も読み終わったんですが、感想は後日。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~は行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<何処までも突き進め!! | HOME | どこまで引っ張れるでしょうか?>>

この記事のコメント

「封印怪談 拝み屋」でググってたどりつきました。今、封印怪談3読んでます。「拝み屋」のような話し、
好きなんですよ・・・なんか泣けてくるゼ
こんなような話し(本)、他に御存知でしたら教えて下さい。
2010-07-23 Fri 21:55 | URL | HAMMER #PE0XnnT.[ 編集]
コメントありがとうございます。
私も、「拝み屋」は好きな話です。
こういう系統の話だと、平谷美樹氏の書いている「百物語 実話怪談集」のシリーズはオススメできるかと思います。市井に根ざしている「カミサマ」に関連したお話が載ってますよ。
2010-07-24 Sat 21:52 | URL | こたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。