こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女の地獄は艶やかな闇

さすがにシーズンだけあって、読んでも読んでも終わらない怪談本発売ラッシュ。
でも、時々積読本が気になるわけです。

遊郭(さと)のはなし (幽ブックス)遊郭(さと)のはなし (幽ブックス)
(2008/05/14)
長島槇子

商品詳細を見る

吉原遊郭「百燈楼」で語られる七不思議。
「八幡の鏡」「鼠の道中」「遺手猫」……
中でも一番恐ろしいのは、拾えば命がないという「赤い櫛」。
噂を聞いた怪談好きの若旦那が、妓夫に誘われるままに入った妓楼の中で、
芸者やら太鼓持ちや遺手婆らの怪談を聞いてゆくうち……。


吉原遊郭というのは、いわずと知れた国家公認の娼婦の町でした。
艶やかで、華やかで、陰惨で、悲惨で…
かつて、「男の天国、女の地獄」と称された街。
女が堕ちていくのを、美しい紅白粉や鼈甲・珊瑚の飾り物で覆い隠していた街。
その一画、「百燈楼」では「赤い櫛」の怪談が語られています。その櫛は、絶対に拾ってはならないとされています。拾ったものは、命がない。犬猫以下の存在のように扱われた子供は、その櫛に魅入られたように「ああ嬉し」と自分の手にとって命を落としてしまいました。
そして、その櫛は、人をひきつけて、絡めとっていくのです。
読者は、主人公と一体となって、吉原の流儀に従って店に上がり、花魁を揚げる手順を踏みながら、怪談を聞いていきます。しかし、途中から自分は怪談を聞いているのか、怪談に入り込んでいるのか、だんだんとその境目がわからなくなっていきます。この段階を踏んだ感じが、あまりにも後戻りができなくなっていく感じがしてたまりません。途中で、シカケが解ってきてしまうのに、絡めとられてしまいたくなってしまいます。
女たちの地獄の表現も、容赦が無い。御職の花魁でいられる期間の短さ、いかに女を金でがんじがらめにしていくか、計算されたシステム、その中で、それでも、たとえ遊びでもいいから男にすがる女の悲しさが、語られる怪談の中に巧みに配置されています。
読み始めると止まらない、そんな話でした。

今年は「色町のはなし」が出たので、その前に、と思って読みましたが、他の怪談本を読み始めてしまいました。
今は「お前ら行くな 黄泉帰り編」を読んでます。変なモンが溜まりそうです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~さ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<復活オメ!! | HOME | 恐怖の日常・非日常>>

この記事のコメント

お気に入りに登録してある当blog、今朝開こうとしたらリンクのシンボルマークは在るのに何故か中のURLだけが消えていた。これって「現象」かなw
吉原(今の台東区千束)に在った大きな池(関東大震災のときの大火事で逃げ遅れた女郎達が千人くらい 《490人という説もアリ》 も飛び込んで亡くなっているという・・・合掌)が、50年ほど前に埋めてられて電電公社の局舎が建ち、今もあるのだけど、そこに2008年までの2年くらい常駐していたよ。古々しいビル(外装は遠目には案外キレイ)の入口に高さ3mくらいの弁天様の石像(慰霊碑?)が建ち、結構な雰囲気を醸し出していてね、毎日通って何度も泊まったこともあるけど、俺は何も体験できなかったなぁ。職場では見たとか聴いたって噂はあったけどね。http://denwakyoku.jp/yoshiwara.html
2010-08-01 Sun 08:06 | URL | HAMMER #PE0XnnT.[ 編集]
いつもコメントありがとうございます。
吉原弁財天は、吉原を舞台にした話には頻繁に出てくるので、写真とはいえ見られて感激です。
しかし・・・電電公社もエライとこにビル建てちゃったんですね・・・何もなくて幸いでしたね。

しかし、URLだけ消えるというのは・・・
FC2の不具合だったと思いたいです。
禍々しいブログになっちゃってたらどうしましょう??
2010-08-01 Sun 21:25 | URL | こたつ #-[ 編集]
「現象」は冗談、うちのブラウザ(IE8)の障害だと思いますよ。
林家三平(どうもお父さんの顔が浮かんできてしまいます)の実話怪談と、北野誠の新作レビューも楽しみにしてます。辛口でw。北野のおっちゃん甦りましたが、特にファンってわけじゃないのだけど「おまえら行くな」の2作は持っていて、たまに読み返してます。結構好き。
2010-08-02 Mon 04:03 | URL | HAMMER #PE0XnnT.[ 編集]
ああ、よかったです。ちょっとドキッとしました。基本ビビリですので(笑)
2010-08-02 Mon 21:28 | URL | こたつ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。