こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

身近な残酷御伽噺

さて、ガンダムに現を抜かしておりましたが、最近本読みペースを取り戻して参りました。
きっかけは、この本。

おとぎのかけら 新釈西洋童話集おとぎのかけら 新釈西洋童話集
(2010/08/26)
千早 茜

商品詳細を見る


「ほんとうは、アンデルセンだのグリムだのは、残酷でエロティックだった」ということが言われています。確かにエグいとか、えげつないとかいいたくなるような話が多く、イマドキの脆弱なお子様には刺激が強いかな、というものもあったりします。
こちらは、誰でも知ってる西洋の御伽噺を題材に、心にちくりと刺さる話。
題材とした童話を、現代に変換して、さらに広げていったような話の作り方が読ませます。主人公達は童話と同じようにそれそれの幸せを求めています。しかし、全てが「めでたしめでたし」では終わりません。主人公は幸福と感じていても、それを他者(読者)は幸福であると判ずることができるのか。何を以って「めでたし」とするのか。現代という時代は、童話のシンプルさを題材にしながら、それを複雑に変容させていく舞台となったようです。

「迷子のきまり ヘンゼルとグレーテル」…恐るべきコドモタチ…しかし、やっと解放された。
「鵺の森 みにくいアヒルの子」…みにくいアヒルの子は、弱かったわけではない。
「カドミウム・レッド 白雪姫」…表面の美しさは、内面を覆い隠せるのか。
「金の指輪 シンデレラ」…求めていたものは、思わぬ形で。
「凍りついた眼 マッチ売りの少女」…男が求め続けたのは、マッチの炎の中に浮かぶような空虚な眼。
「白梅虫 ハーメルンの笛吹き男」…鈴の音が「悪い虫」を追い払う。
「アマリリス いばら姫」…ありもしないものを、信じられるか。

なかなかよいです。もっといろいろな童話を題材に続けてほしいです。作者の手によって、童話がどのように変容するのか、もう少し読んで見たい気がする作品集でした。

ガンダムを見に行ったときに「ぼくのうた」を読み終わったので、この感想は後日。
実話怪談は今日買ってきたので、後日感想Upしたいです。しかし、近所の本屋に「鬼灯」がない…週末に買い込みに行かねば。
そういえば、今日で名古屋駅地下の「三省堂書店」が閉店になりました。ほぼ毎週末通い詰めていた所がなくなるのは淋しいものです。タワーズに「三省堂書店」はまだあるんですが、本屋巡りルートからいささか外れるので(しかも、東急ハン〇なんて誘惑が途中にある)、どーしたもんかなー、という感じです。名古屋駅松坂屋ビルが再開発になるのに伴う閉店なんで、ぜひ、再開発が成った暁には、地下に広い本屋さんスペースを作ってもらえると嬉しいんですが…。電子書籍より紙媒体のユーザーの気持ちにも応えてほしいなぁ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<英雄はもういらない | HOME | 静岡へガンダムを見に行ってきました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。