こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

成長を見守る・・・(エラソウ)

秋の夜長を楽しんでます…
読み終わった日に金縛りにあったりしましたが、疲れてたんだよ…ね。

恐怖箱 超-1怪コレクション 鬼灯 (恐怖文庫)恐怖箱 超-1怪コレクション 鬼灯 (恐怖文庫)
(2010/09/29)
加藤一

商品詳細を見る

なんとなく、盆灯篭みたいな今回の表紙。
相変わらずグレードの高い実話怪談集です。

「強い男」…身を挺して守れるか。
「あかいはこ」…心の中で、お礼を言えばいいと思います。
「多発地帯」…本物と見紛うばかり。
「闇線歴」…どんな辛いメにあってたんでしょう…
「おみくじ」…不思議…
「だるまさんがころんだ」…ちょっとわかりにくい…
「ひとりぼっちで。」…埋められてしまうことで、悪い夢は終わったんだとわかってくれれば、なんて、ムシが良すぎますね。
「バンジージャンプ」…仕事もですけど、日常生活でも怖いかも。
「止めた理由」…ビジュアルとして、怖い。
「覗く」…めがねかけてなくてよかったですね。
「近隣トラブル」…その家から見えていた部屋はなんだったんでしょうか?
「妄執」…ナニが彼女を生かし続けているのか。
「ヒトガタ」…願い、果てなく。
「髪の毛」…執着?怨み?理由がわからないまま…
「再認識」…ケンカはしないに越した事じゃないですが、理由が…
「言い伝え」…なんか、似た話聞いたことがある…
「キッチー」…悪いヤツではないんですが…
「あつい、おもい」…うわー…重圧ですね…お義母さんだけじゃないかもね…
「先読み」…すごい!!じいちゃん!!
「傘」「転がるモノ」…大変なヒトだ…
「水洗い可」…そんなんで…おちますか?!!
「攻撃開始」…オフェンスは、向こう側。
「真意」…タカシ君ではないと信じたい。
「降り注ぐ」…最後のモノが、女性として一番イヤかも…
「耳掃除」…そんなに都合のいいオンナのままではいられない。
「老婆の約束」…覚悟を持って。
「鬼を見た」…惨劇。

内容は良かったです。もう少し書き慣れるといいな、と思うものも少々ありましたが…(エラソウ?)。
先達の影響も、やや避け得ないようでもあります。でもこれはしょうがない。「超ー1派」としていっそ流派にしてしまうっていうのもアリかも?

「不動カリンは一切動かず」を読み始めました。SF。結構おもしろいので、後日感想Upします。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~た行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<優しいだけじゃない ~映画「おまえ、うまそうだな」 | HOME | ふくろうは無音だけどねー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。