こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さらに期待増!! ~「怪談実話 震」

「災厄娘inアーカム」を読んでいたんですが、ちょっと難航…と、いうより、こっちが気になって読むのに集中できないので、こっちを優先。
いやぁ、期待以上でした。

震 フルエ (恐怖文庫)震 フルエ (恐怖文庫)
(2010/10/29)
黒木 あるじ

商品詳細を見る

語り部が、我が身を削って蒐集した実話怪談集です。はは、こーゆー犠牲を払っても、実話怪談が読みたい、と願ってしまう私らはフリークスですね。・・・でも、お供え食べるのはほどほどに。怪異の前にお腹を壊します…

「遺影」…そりゃあ、嫁さん、怒るわ…空気読まなきゃ。
「盆踊」…行きたくない行きたくない。
「物音」…おおらかというか、大雑把というか…
「釘女」…撒き散らされた悪意。その責任は取らねばならない。
「倉庫」…そりゃ間違いないよ。
「神池」…黒い歴史。
「団地」…引っ越したほうがいいです。
「死神」…その後を取材して欲しい…(外道)
「黒看」…そんな病院はイヤだ…
「御縁」…縁切りしましょう。
「救済」…自己満足というか優越感みたいなものが感じられて…純粋に「救済」したわけではなかったんでは?
「救援」…もう少し、早ければ…
「観音」…弱った心につけこまれる。
「美人」…訪ねてきて欲しくは…ないよね。
「花火」…いいおじいちゃんだなぁ。
「猪跨」…昔話のような…
「古本」…身に覚えがないだけに…
「家運」…もうついてきてないのかな?
「幸子」…もうこの世にないから、欲しい。その執着が身体だけ生かし続ける。

短い話も多くて、オビにある「ぬるぬるの恐怖譚」というよりは、ちょっとホッとするような話も結構あり。一人の採話でここまで様々なバリエーションが楽しめるというのはありがたいことです。以前「しにますよ」で死にそうな目にあっているはずなんですが、それでも書き続けてくれた作者に感謝とエールを!!自分の命に関わるか関わらないかのギリギリのラインで踏ん張っていただきたいものです。
そういえば、「これを読もうかな?」と枕元においていたら、なんだか寝られなかったんですけど、気のせいでしょうかね。気にしすぎだよね。(離したら寝られた)

「怪災」を読み始めたので、「災厄娘inアーカム」はしばらくお休み。ちょっと読み辛かったので、もしやするとこのままになってしまう可能性もあり。そーならないように努力したいです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~か行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<打ち明けて・・・ ~「「超」怖い話 怪災」 | HOME | それでも恋物語だといいたい ~「少女禁区」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。