こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

集まれば、かしましい・・・? ~「女たちの怪談百物語」

少々ご無沙汰しておりました。
実家に帰ったり、風邪をひいたりしていましたよ。・・・orz
風邪は、まだ咳が続いてますが、けっこう元気が出てきたので大丈夫ですよー。
本を読む集中力がまだ続かないので、ぼちぼちとやってこ、と思っていますが、はてさて・・・?

で、そんな中で読んだのは、2冊。まずは、コレ。
女たちの怪談百物語 (幽BOOKS)女たちの怪談百物語 (幽BOOKS)
(2010/11/17)
加門七海、立原透耶、伊藤三巳華、岩井志麻子、宇佐美まこと、勝山海百合、神狛しず、宍戸レイ、長島槇子、三輪チサ、東雅夫編

商品詳細を見る


今をトキメク(?)、女流ホラー作家の饗宴…凶宴…競演…?
恐ろしくも楽しげな、夏の一夜の怪談会。あら、うらめしい・・・じゃない、うらやましい。

「幽霊管理人」…ヒトも、動物も、幽霊も、侵入者を確認に行くのは同じです。
「只今満員です」…全ての便器に幽霊が座ってる図は…ちょっとシュール。
「ある女芸人の元マネージャーの話」…志麻子女史、本当にこの方に拘ってますね。…その内、「私、コレでも有名になってるんですよぅ」なんていってきそうです。
「台風中継での話」…うーん、生中継。オバケ実況。
「今もいる」…都市伝説で聞いたような…雛形でしょうか?
「美容院の話」「美容師の話」…髪にはいろいろ宿ってるんですねぇ。
「小さいサラリーマン(たち)」…すけべぇ。
「風呂場の女」…一番無防備な所に出る、というのは、どうなんだろう?
「グラビア・アイドルの話」…乳首だけじゃ、わからないよ…
「甘党」…お行儀の悪いお内裏様。
「長距離トラック」…死んでも救われない、ワーカホリックの犠牲者。
「靖国神社での話」…スゴい場所。さすがにパワースポット呼ばわりもされないだろうし。(いろいろあるから)
「赤い絨毯」…ぎゃああああああ!!!!!Gはダメ、Gは!!!!!!
「伊豆での話」…バチ当たり。
「葉書と帰還兵」…心だけでも帰りたいから。
「旧街道の話」「散歩途中で」…昔なら、「キツネに化かされた」で片付くんですけど。
「岡山の友だちの話」…どっちにも取れる…解りづらいよ、元カレ?!
「生霊」…タチが悪いなぁ。
「ある自称やり手の編集者の話」…ギョーカイっちゅうとこはおそろしかところばい…
「体がずれた」…幽体離脱の不思議。

けっこう、因縁めいた話とかもあるのに、なんだかからっとした感じ…
きっと、特殊な場で、特殊な供養をされたようなものだからかなー、と勝手に解釈してみたりして。

うん、面白かったです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

読んだ本~あ行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<毒を力にかえて ~「毒吐姫と星の石」 | HOME | ここにもそこにも ~「もののけ物語」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。