こたつ日和

徒然なるままに。雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

元祖のファンとしてはビミョー ~映画「Space Battleship ヤマト」

ああああ、ついに観ちまいましたよ。
ヤマト実写版ですよ。
元祖ファンなめんな。
あんなに気になってたけど、復活編は観なかったのに。ヤマトのCG観たさに観に行ってしまいました。

もう、いろいろネタばれ。
なので感想はたたんでおきます。

脚本は、なんだか「ヤマト」のストーリーに「さらば宇宙戦艦ヤマト」をまぶしたような感じになっています。登場人物に斉藤始が出てきちゃってるし。「人類滅亡まであと1年!!」というのは原作のスパンですが、そういいつつも、あんまり1年とかいう感じがしませんでした。月日の経過を出すのって、難しいですね。そのわりにストーリーがぎゅうぎゅう詰めな印象も、まあ、エンターテインメント性の追求でしょうか。
ガミラス星人とイスカンダル星人の定義は面白かったんだけど、どうもそれだとわざわざ地球を改良(放射線汚染)することもないような気がする。「デスラー」とか言ってくれたのは元祖ファンへのいらん気遣い。だって総統閣下じゃないし。集合体はクリス〇タルボーイ(COBRA)かと思った…
確かにCGは凄かった!!ヤマトが九州沖の干上がった海底から発進するシーンなんかは、ものすごくカッコイイ!!波動砲発射シーンもすごい!!生物っぽいガミラス艦もいいですね。…ちょっと「エイリアン」のでっかいバージョンで、ギーガー調だったけど。
キャラは・・・古代進…語りたくない。なんかなー。どこまでいってもキムタ〇はキム〇クなんですよね。古代じゃない。同じ事は森雪にも言えました。しかもなんでブラックタイガー隊?エースパイロット??古代に雪が気持ちを許していく過程はあまりにもベタでお約束なのは残念。…ごめん、男性のほうがまだ萌えたかも。なんといっても、ワープ中に子種がワープしたとしか思えず…。
そんな中で、「おお!!」というのは真田さん役のギバちゃん!!しゃべり方とか、表情がすごく真田さんしている!!沖田艦長・徳川機関長・藤堂司令なんかも、まあイメージどおり。相原とか、佐渡先生とか女性になってたのは…まあ、男所帯じゃ華がないもんなぁ…猫のみーくんがすごくデカくって
元祖を下敷きに、今のSF考証とかも盛り込まれるとよかったかなー、とか思います。原作ファンはやかましいけどね。
細かい事もいろいろ気になりました。まず、大気圏内で波動砲ってどうなのよ。まぁ、あそこで使わないと、波動砲使うシーンが減っちゃうけどね。大威力なんだか、出力調整できるんだか。司令の声明での呼びかけも「日本の皆さん…」って、え!?日本限定?!で、大丈夫なんでしょうか?世界進出狙ってるんでしょ、コレで!(失笑)

ただ、元祖ファンに気をつかいまくって作っているんで(多分)、セリフなんかはそのまんまなトコもあって、映画を見た後で「ああ、元祖が見たい」と思います。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画~邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<怪しい想い出 ~「恐怖箱・怪想」 | HOME | 毒を力にかえて ~「毒吐姫と星の石」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。